「遺伝子組み換え育種」は作物とヒトとの関係をどう変えるか(前篇)

伝子組み換え作物という言葉を聞かれたことがあるかと思います.「遺伝子組み換え作物」とは,「遺伝子組み換え育種法」により生み出された作物品種をさします.

遺伝子組み換え育種法に関しては,これまで安全性や倫理性に関する視点から議論されることがしばしばですが,私は個人育種家の端くれとして,別の視点からお話をしたいと思います.

(以下,まず「遺伝子組み換え育種法」とは何かの説明となります.ご存知の方は次の「育」まで読み飛ばしてください.)

 

そもそも,作物にはイネ,ダイズ,トウモロコシ,ジャガイモ..など,様々な種類があります.そして,作物ごとに,「品種」と呼ばれる種類分けがあります.

 

一例としては,イネという作物には,北陸を中心に広く栽培されている「コシヒカリ」,九州を中心に栽培が盛んな「ヒノヒカリ」,北海道民の誇る最高傑作「ゆめぴりか」,兵庫県が生み出した日本酒のための米「山田錦」,かつてアジアの緑の革命を支えた「IR8」などの多種多様な品種があります.

 

では,品種はどのように生み出されるのでしょうか.品種を生み出すことを「育種」といいます.

育種を行う際には,どんな品種を目指したいかという「育種目標」と,育種の具体的な方法,いわゆる「育種法」を決めます.

 

例えば,あなたが「もっと美味しいお米の品種が欲しい」という,「育種目標」を立てて,「よし,あちこちの田んぼを探し回って美味しいお米を見つけよう」と探し回って,苦労していいやつを見つけると,「分離育種法」と呼ばれる育種法をとったことになります.[1]
その他にも,そこそこ美味しいやつを何品種か見つけてきて,品種同士お互いに花粉を付け合って種を採り,それを蒔いてみると,美味しいやつから美味しくないやつまで様々なイネが生えてきます.その中から美味しいものを選んで,蒔いてを繰り返して美味しい品種を得た場合を「交雑育種法」といいます.

これ以外にも,育種法には様々な種類があります.

育種により,結果として新たなDNA配列を有する品種が誕生し,人々の食と農を支えてゆきます.

種法のうち,作物に与えたい性質をコードする遺伝子,つまりは望ましいDNAを,直接作物のDNAに組み込むということが可能で,それを「遺伝子組み換え育種法」といいます.

 

私は幼少期から家庭菜園を趣味としていました.「命から命が生まれる」ということの神秘は,少年の私を魅了しました.いつしか私は,その神秘を観察するに飽きたらず,より積極的に関与したいと思うようになりました.夏休みの,朝の涼しい時間に,白い皮をしたカボチャの雄花を,濃緑の皮をしたカボチャの雌花につけました.すると,実が…そのときはうまく着きませんでした.

とはいえ,育種というものへの関心は俄然強まり,職業育種家になりたいと思った時期も長かったのを覚えています.大学入学以降も育種への関心は一層強まり,研究機関の育種家の方々のもとを訪ね,ついには趣味でダイズの育種を行うに至っています.

んな私が,北海道立総合研究機構十勝農業試験場を訪れる好機に恵まれたのは,2012年の夏,十勝の農家さんで芋掘りのお手伝いをさせて頂いた時のことでした.

十勝農業試験場は,柳葉が芸術的な伝説の多収品種「十勝長葉」,戦後の北海道大豆栽培を支えた「北見白」,現在も北海道産大豆の主力銘柄を支える「ユキホマレ」をはじめとする数々の品種たちを生み出し,今なお「十勝農試」の略称で大豆育種の聖地の座を保つ農業試験場です.

 

十勝農業試験場で私が目にしたものは,ありのままの育種の現場でした.

 

(後編はこちら

[1] 詳しくは日和・西尾(2003):植物育種学各論 文永堂出版 など.

友部遼

友部遼【農業,テクノロジー】

投稿者の過去記事

農業や農学の将来に関して,多少学問をしてきました.
次世代の食料生産・水資源利用に関して,主に研究開発の視点から皆様と議論をさせていただければと思います.
よろしくお願い致します.

ピックアップ記事

  1.  大学の新学期2017年度がはじまり一月ほどが経った。 新入の学部生、まず、おめでとうございます…
  2. 出町柳駅すぐのバス停で、バスに乗り、ゆられること30分。そこには都会の喧騒から離れた、自然が豊か…
  3. 4月、出会いの季節。今年も多くの新入生が、大きな期待を胸に大学へ入学した。&nbsp…
PAGE TOP