「Global Shapersと語る。僕らの道プロジェクトー表現の可能性を追い求める者たち編ー」(前編)

写真左から:中西 浄華さん、酒田しんごさん、大和礼佳さん、高田真理さん(以下敬称略)

皆さんはGlobalshpers(グローバルシェイパーズ)という名前をご存じだろうか?

彼らは、世界経済フォーラムというスイス・ジュネーブに本部を置く非営利財団によって任命される33歳以下の若者たちで、多様なバックグラウンドを持ち、社会に貢献する強い意志を持つ人々によって構成されている。

世界400都市以上にハブがあり、5000人程度がグローバルシェイパーズとして活動している。

そうしたシェイパーたちが地域でコミュニティを作り、地域における社会課題を解決するプロジェクトなどを行うことを目的としているのだ。

今回、そのGlobalshpers(グローバルシェイパーズ)の皆さんにご縁をいただき、彼らは具体的にどのような人たちで、どういった活動を行っているのかを取材させていただいた。

社会に対して明確な意思を持ち活動している彼らの日々に迫るインタビュー企画。

第二弾は、「Global Shaperと語る。僕らの道プロジェクトー表現の可能性を追い求める者たち編ー」

ということで表現者の方にお話を伺い、自分の表現へのこだわりと苦悩を語っていただいた。

本企画は、二部構成でこちら第一部。第一部では、Global Shaperの方々と表現活動に従事しているゲストの方との座談会の中で、表現者のこだわりや可能性について聞いていく。

まずはじめに今回座談会をされる4名の方の簡単なプロフィールを紹介しましょう。

Global Shaperとして活動されるお二人から

中西 浄華(Kiyoka Nakanishi)

「タップダンサー/Global Shaper。京都府伏見区出身。1990年生まれ。同志社大学英文学科卒業。実の妹である中西 優華さんと華~puspa~というタップダンスユニットで活動中。2014年には、Dance World Cup 2014 World Finals in Portugalに初挑戦。Open Duet/Trio Tap部門で優勝し、Tap部門日本人初の金メダリストとなった。」 

高田真理(Mari Takata)

「広告プランナー/Global Shaper。学生時代は、京都で外国人観光客の案内や、紙芝居屋のヤッサンに弟子入りし、清水寺などで紙芝居を行う。2014年「世界一の紙芝居屋ヤッサンの教え」(ダイヤモンド社)を出版。趣味は旅と料理。」

続いて今回のゲストのお二人

酒田しんご(Shingo Sakata)

「ジャグラー。1990年生まれ。兵庫県宝塚市出身。高校在学中の17歳で「7(セブン)ボールジャグリング」の公式日本記録を樹立し、プロジャグラーとしてのキャリアをスタート。現在京都にてロングラン公演中のノンバーバルパフォーマンス『ギア-GEAR-』レギュラーキャスト。」

大和礼佳(Ayaka Yamato)

「広島県出身。立命館大学文学部4年生。立命館大学能楽部所属。大学で京都に来て以来、能の魅力に没頭中。」

 

「伝える」は広告も紙芝居もつながっている。

広告プランナー/高田真理さん

 


高田:私は高田真理(たかたまり)と言います。今は広告代理店でプランナーとして働いています。元々大学生の時から紙芝居をやっていて、伝えるという側面では広告と紙芝居はつながっていると思っています。紙芝居をやっていた時の師匠が、「伝えること」や「表現すること」に独特のこだわりを持っていたので、そのこだわりや生き様をまとめて3年前に「世界一の紙芝居屋ヤッサンの教え」(ダイヤモンド社)を上梓しました。
 今日はみなさんが、自分の領域で「魅せること」や「表現すること」に、どういう思いがあるのかをお伺いしたいと思い、この座談会を企画しました。それぞれ皆さんの自己紹介も兼ねて、どういう想いやきっかけでその世界に足を踏み入れたのかなどのお話を聞かせてもらいたいと思います。では中西さんからお願いします。

 
姉妹でタップダンス世界一へ。
タップダンサー/中西 浄華さん

 

中西:中西 浄華(なかにしきよか)と言います。ダンスのパフォーマーをしています。

 4歳の時にジャズダンスを習い始めて、今もその時からお世話になっている師匠からジャズダンスを習っています。タップダンスとはその強化プログラムの一環で出会いました。その後妹と一緒にタップダンサー募集の企画に応募したのをきっかけに、姉妹のタップデュオという形ができました。華~puspa~(ぷしゅぱ)というチーム名で今も活動しています。

タップダンスとコンテンポラリーダンスを並行してやっている経験を生かして、自分の独自のタップダンスのスタイル、人が感じたことのない感情を呼び起こせるような表現を見つけることを目標に活動しています。今日は宜しくお願いします。


ジャグリングに没頭し続けて、日本記録樹立へ。
ジャグラー/酒田しんごさん

高田:続いて酒田さんお願いします。

酒田:初めまして、酒田しんご(さかたしんご)と申します。プロジャグラーとして活動しています。ノンバーバルパフォーマンス『ギア-GEAR-』というパフォーマンスでレギュラーキャストとして、三条御幸町にある劇場でロングランのショーをやっています。

 きっかけは幼稚園の時に、駅前でたまたま大道芸人の人がジャグリングをやっているのを見たことです。その時に、なんだこの魅力は!と思って、それから家でみかんとかを投げたりしてて(笑)独学で、本を読んだり、練習したり、実際に大道芸の人を見たりして技を盗んでいました。昔はYouTubeとかもなかったので。

高田:『ギア-GEAR-』以外にも活動してらっしゃるんですか?

酒田:ホテルのショーや小学校でパフォーマンスしたりします。先週は知多半島の小学校を回って、2週間で12クラス小学校4年生に向けた授業をやっていました。

高田:それはいいですね。子供たちからは、どんな反応が来ますか?

酒田:ある意味、小さい子供が一番厳しいですが、その分やりがいがありますね。僕はジャグリングを知ったのは幼稚園の時だったんですけど、本格的にやろうと思ったのは小学校4年生で10歳ぐらいの時だったので、ちょうどその時期の子供に教えるというのは感慨深いものがありました。

 

初めは部活に入るつもりなんてなかったんです。
能/大和礼佳さん

 

高田:では、あやちゃんお願いします。

大和:はい。私は立命館大学4回生の大和礼佳(やまとあやか)です。能を始めたのは大学に入ってからで、それまでは触れたこともなければ見たこともないし、やったこともなくて。だけど、1回生の時たまたまここの能楽部の看板を見て、なんかビビッときたんです。それで直接行ってみようと思いました。実際やってみると、本当に面白くて、ずっと稽古してても飽きないんです。

 一番最近では、といってもここ10年ぐらいうちの部活で毎年やっている取り組みなんですけど、先月(6月)の26~28日まで長野県の小中学校で、能の一番である「土蜘蛛」という演目をやりました。内容も分かりやすく、半紙でできた糸をどんどん投げる、派手な演目です。子供の反応は見ていてとても楽しい反面、怖くもあります。

 また、能はプロの世界が確固としてそこにはあるので、素人は素人で舞台をちょっと組み替えてみたりだとか、学生能ならではの自由さもあります。そこがいいところだよな、と4年間を通して思っています。

高田:先ほどの酒田さんのお話の中で、子どもの反応が一番厳しいという話がありましたが、小中学校で能をするとき時、子供たちはちゃんと見てくれますか?

大和:結構見てくれています。プロの先生がやるよりも、私たち大学生がやる方が、年の近く親しみやすいのかわかりませんが、みんな結構身を乗り出して真剣に観てくれて、糸を投げる場面では凄くはしゃいでいました(笑)

 

タップダンスって見たことありますか?

 

高田:それぞれ全然ジャンルは違いますが、「伝える」や「魅せる」ことに関してどういう風に意識しているのか、観客の人や見る人がいる中で大事にしていることなどがどういうものなのか聞きたいです。

中西:タップダンスってみなさん見たことありますか?あまりないですよね。でも、他のダンスって結構見たことあると思うんですよね。最初はあまり意識していなかったんですけど、タップダンスを続けているうちにタップダンスってマイノリティーだなって感じることが多くなってきたんです。実は全然身近じゃないんだなって(笑)

 その現状を変えたいと思って、全く新しい、オリジナリティを前面に出したタップダンスをやりたいと思ったんです。そこで、当時やっていた他のダンスをタップダンスに混ぜてみようと思ったのが、今のダンススタイルにつながりました。

タップダンスは、元々マイノリティな文化ですが、一方で本当に魅力的な文化で、「黒人奴隷が楽器も言語も禁止されて自己表現の手段がなくなった時に、独自のリズムを足で生み出した、それがタップダンスになった」という定説があるんです。そういう意味でタップダンスは人間の極限状態で生まれた自己表現だったんですよ。それって、人間の根幹に近い表現だと思っていて、誰もが共感できる文化だと思っています。

 だからタップダンスが敬遠されている現状がすごく悲しいです。もっとタップダンスに出会うきっかけを作れるダンサーになりたいなと思っています。

高田:タップダンスが人間の極限状態で生まれたもので、「人間の根幹に近い表現」という話がありましたが、まさに私も中西さんの公演に行って、ダンスは「目で見るもの」というイメージから「身体の底から、全身で感じるもの」という印象に変わりました。もちろん視覚でも素晴らしいですが、迫力や息遣いもダイレクトに伝わってきて、感動しましたね。

 

能の舞台ではなんだって起こる。全ては演者の力量次第。

 

大和:マイナーだからこそ見て欲しいという気持ちはとてもわかります。知ってもらうきっかけがとても少ないなとは私も能をやり始めてから思いました。しかも能をやっていない同級生などからは「じじ臭い」とか「敷居が高い」と言われることも多いですしね。

 でもそういう世界に学生でも踏み入れられることは同じ大学生にも知って欲しいんですよね。だから、立命館大学能学部では年に二回学内で自演会をやったりしています。他の大学の能学部は能楽堂を借りてやっているのがほとんどで、舞台を一から作ってやっているのはうちの大学だけらしいんです。

 誰でも観れる環境であえて能をやるのは、全部見てもらえなくても少しだけでも見てほしいからなんです。能楽堂まで足を運んでくれるのは、高齢の方ばかりで、若者はほとんどいません。このままでは将来的に能を見る人がいなくなり、能がなくなってしまう。能に関わっているものとしてそうなって欲しくないと思います。

高田:能の面白いところ、いいところはどんなところだと思いますか?

大和:演目によって神様にもなれれば、地獄の閻魔大王にも、死んだ人の霊にもなれる。この能舞台のという狭い空間の中に色々なものが時空を超えて存在することが可能なところが、とても面白いなと思います。

高田:能はミュージカルとか他の演劇とは違うところがありますか?

大和:一番簡素である一方で、一番壮大であるのが能だと思います。ミュージカルだと、小道具もたくさんあって、なるべく要素を足して表現する。一方で能は表現をなるべく削っていくんです。舞台の上には何もないから、能の舞台はどこにでもなるし、登場人物の誰になることもできるんです。

高田:確かにそうですね。この前、立命館大学で鑑賞した薪能では、船をこぐシーンがあって、小道具としては船に見立てた枠があり、オールに見立てた木の棒があるだけでしたが、本当に波が来ているような感じがしました。霊が出てくるところでも、見る人の想像をかき立てるような表現になっていましたね。

大和:想像させられるかも演者の力量次第なんです。何も知らない人が見ても、こういうことやっているんじゃないかな、という見ている人なりの正解が出せるようにすることが、能をやっている人の一番の目標なんじゃないかと思います。

 

余白を残しておくことで生まれる曖昧さ

 

高田:冒頭で、「今まで感じたことない感情をどう引き出すのか」という話がありましたが、それが今回のお話しの中での一つのキーワードかな思います。

中西:自分のその時の感情と、自分の表現によって相手が持つ感情は変化する部分がありますね。私は相手の感情までは決めたくないので、言葉であらかじめ表現したりせずに、自分で自分なりに身体を使って表現することを心がけています。言葉であらかじめ表現してしまうと、その人の中で表現が定義されてしまうので。だからあえて何を表現しているかを伝えないですし、そこから自分でも感じたことのない凄まじい感情が起こったりするのを観ている方に楽しんでもらいたいと思っています。そういう意味で、先ほどの「今まで感じたことない感情をどう引き出すのか」というキーワードは私にとっても大事なものですね。

高田:一方的に自分の表現を伝えるだけだと、自分の中で表現がアップデートされていきません。ですが、自分が伝えたいことを表現し、それを観客がその人なりに受け取ってくれる、というような双方向性があると、自分としても気づきがあり、表現がアップデートされていきます。その意味で表現というのはとても生き物的だと感じますね。

 このことに関して酒田さんと大和さんはどう思いますか?先ほど中西さんがおっしゃっていたようにある程度解釈を相手に委ねる形がいいか、伝えるものと感じるものを同じにしたいか、どちらでしょうか。


酒田:
中西さんにめっちゃ共感しました。曖昧さは、日本文化の特徴だと思います。はっきりさせるのではなく、あえて余白を残し、観る人に委ねることで可能性が生まれることもあります。
余白の良さを生かすためのノンバーバルパフォーマンスとも言えますしね。伝えたいことを相手に押し付けたいとは思っていません。何かを感じてもらえたらそれでいいと思います。

大和:こう伝わって欲しいというのは自分の中でありますが、お客さんはたくさんいるので、人によって受け取り方は違っていていいと思っています。悲しい場面で「楽しんでいたよね」というように解釈されるのはさすがに違うと思いますが、悲しい場面でどういう悲しさだと解釈されたのかは人それぞれ違っていていいと思います。

私自身もどうやって感じてもらったのかは知りたいですね。それによって自分になかった感情が発見されることにも興味があります。

「完璧じゃない」が人の心を魅了する

 

高田:みなさんが活動する中で、伝えることに関して課題に感じるなとか難しいなって思う部分はありますか?

酒田:ジャグリングは落としたら誰が見ても失敗じゃないですか?そう考えるとジャグリングってすごく不確実なもので、僕にとっては常に自分との戦いです。
 いくら練習しても落とすものは落とすんですよね。本番前も神頼みみたいなことを必ずしますし、だからこそ出来たときの達成感がとてつもないんです、だからやめられない。ジャグラーはそのリスクとは一生戦っていかないといけないんです。完璧なジャグリングはあり得ないんですけど、そこにどう近づいていくのかを常に追い求めています。

高田:だからこそ見ている方も緊張するし、不確実だからこそ伝わるものもあるんだろうと思います。そこが表現者としても難しさであり戦いでもあるし、その一方で価値を生み出している部分でもあることなんですね。

大和:完璧なジャグリングってあるんですか?

酒田:お客さんから見ての、完璧はありますね。

大和:ただそれは自分では全然完璧ではない?

酒田:そうですね。

大和:私は完璧な能は絶対にないと思っていて、やはり芸事は完璧がないから一生かけて修行みたいなところがあるんだと思ってるんです。完璧って自分本意だなと思うんです。自分の中の完璧と人の中の完璧は絶対に違うわけで、絶対的な完璧って芸事に置いてありえないと思うんです。

高田:完璧の話をすると、現代になってAIが現れて人間より完璧に物事をこなす存在が出てくる日も近いと言われていますが、そんな時代だからこそ完璧になりえないものが人を感動させていくのだろうと思います。

中西:タップダンスは環境的要因が大きいから、完璧で用意したものがその現場で完璧にできるとは限らないんです。どれだけ作り込まれていても、トラブルやエラーがあるからそれを表現者の技術力でカバーしたりしていくわけです。

 そういった臨機応変なカバーは日頃の基礎練があって初めて成り立つので、基礎練は大切なのですが、そのように演じている側に揺らぎがあることで、完璧とはまた違う別の心地よさが生まれるんです。普通の失敗もあるけど思わぬ失敗もある、完璧なロボットじゃないからこそ、失敗を楽しんでしまおうって思ってるんです。

高田:失敗するかもしれないし、何が起こるかわからない中でギリギリで伝わったものが人の感情を揺り動かすのかもしれないですね。

 

人を魅了するのは目新しさだけじゃない。

 

高田:皆さん今20代でこれから先、すごく長いと思うのですが、これから自分がどういうスタンスで何をやっていきたいか、何を次の世代に伝えていきたいかなどについて聞きたいなと思います。

中西:苦難がいろいろありながらも、編み出した今の自分たちのスタイルが、歴史の中に何らかの形で関わっていけたらいいなと思います。何十年後のタップダンス界で、「これってpuspa的なダンスだよね」って言われていたりしたらうれしい。
 やっぱり私たちは本家のタップダンスと比べて違うものをしている分、タップダンスの大事なところに真剣に向き合っていかないといけないと思いますし、自分たちが作り出したものが15年続いているので、今後もこのスタイルを追求していきたいと思います。

高田:本家のタップダンスと違うことをしているからこそ、やっぱりタップダンスを大事にしていきたいという逆説的なところが面白いですね。

酒田:『GEAR-ギア-』の目標でもあるんですけど、ブロードウェイでロングランをすることですね。日本国産でブロードウェイに行った作品ってまだないんです。お金を払えばいつでもできるんですけど、ブロードウェイで公演して収益を上げという本当の意味でのロングランをする。そこにジャグラーとして出演するのが目標ですね。

 

中西:酒田くんって2010年にメインで使っていた演目をずっとやり続けていて、技はずっと一緒なんですが見え方が全然違ったりするんです。私は今自分に身についているスキルをより深く掘り下げて良いものにしていきたいと 思っているので、酒田くんの一つの技を修練するというスタンスはとても勉強になります
 やっている技自体が変わらなくても表現って進化するんだなと考えさせられて、進化のために技の難易度を上げなきゃなって思っていた自分の感性が未熟だったなと反省しました。

酒田:こないだ行った公演のアンケートで、「目新しいことしていないのにうますぎる…!」というものがあってすごく嬉しかったんですよね。
 その時に、いろいろ加えたものじゃなくて、純粋なものがいいなぁって思ったんです。ただ3つの玉を投げるだけでも、それを見ただけでどれだけジャグリングに対する熱量があるのかもわかるので。そういった基礎にある純粋な技を磨いていくのはすごく価値があることだと思います。

高田:ただ基礎練をしていればいいということではないと思います。どうすればそうした基礎的な技に、意味の深さや旨みが出るのでしょうか?

酒田:それに対する熱量がどのくらいあるかじゃないですかね。舞台上ではそうした熱量が顕著に出ますからね。

大和:皆さんは京都で活動することに関してどのように考えていますか?

中西:私は基本的に京都にずっと暮らしていたので、最近ようやく外から見る京都の視点を身につけたんですよね。自分が普通だと思っていたことが特別だったりとか、逆に自分がすごいと思うことが普通だったりとかします。京都には、伝統文化、伝統工芸に触れる機会が生まれた頃から周りにたくさんあって、そういう環境にいたからこそ得られたものはあると思います。
 今自分がタップダンスに新しい取り組みを織り交ぜるようなあり方も京都という土地柄が影響しているのかなと思います。型にはめられた京都じゃなくて、肌で知っている京都としての感性を大切にしたいです。

酒田:僕はもともと京都の生まれではないんですけど、小学生の時に京都に引っ越してきてめちゃめちゃ京都を好きになったんですね。
 京都にいながら世界レベルのことをするのがかっこいいと思っているんです。パフォーマーって東京に行きたいっていう人が多いんですけど、僕は東京に拠点を移したいなとは思わなくて、拠点の一つとしてやっぱり京都は置いておきたいなという思いはあります。

高田:東京じゃなくて京都なのは何か理由があるんですか?

酒田:京都が伝統ある街だというのは大きいです。それと、自分自身がわざわざ京都まで足を運んでみたいと思われるようなパフォーマーでありたいんですよね。あえて京都っていうのはやっぱりかっこいいなって思うんです。

大和:私は京都出身じゃなくて広島出身で、たまたま大学で京都に来たんです。もし京都に来ていなかったら、触れることは一生なかっただろうなってことがたくさんありました。

 京都や東京は能が盛んなんですが、それらの都市以外でも、もっと能を盛り上げていきたいと思います。かつて全国各地で能が盛んだった名残か、立派な能舞台は全国各地にあります。なので、またかつてのように能が全国でもっと盛んになったらいいなと思います。

高田:今回は色々な話が聞けて本当によかったです。みなさんありがとうございました。

 

明日は、Global Shaperの中西 浄華さん高田真理さんのこちらの座談の後日談をお送りします。
何が人の心を揺れ動かすのか?今回の座談会より深掘りしていく内容になっておりますのでご期待ください!

 

ピックアップ記事

  1. 皆さんはGlobalshpers(グローバルシェイパーズ)という名前をご存じだろうか?彼らは…
  2. 皆さんはGlobalshpers(グローバルシェイパーズ)という名前をご存じだろうか?…
  3. 皆さんはGlobalshpers(グローバルシェイパーズ)という名前をご存じだろうか?彼らは…
PAGE TOP