【東北3県取材第四弾総まとめ編】「東北」 の今を知る。-シリーズ2017衆院選後の未来①東日本震災復興-

 

先に行われた2017衆議院議員選挙。選挙で一時的に注目された争点が、選挙の結果からどうなっていくことが決まり、実際にどうなっていっているのか。
選挙時は頭をひねって関心を持っても、その後を知る人は、意外と少ないのではないでしょうか。
今回、SeiZeeはalleyとしてこの2ヶ月間、選挙で争点になったこと、そして大事なのに語られなかった争点も含め、約10の争点の「選挙後の未来」と「現場の声」を可視化します。
選挙で注目された争点には、どのような議論があり、選挙でどういう決定が下されたことになり、今後どう進んでいくのか、を解説記事と現場のインタビュー記事からお届けするこの企画、「シリーズ-2017衆院選後の未来-」。初回となる今回は、争点①東北震災復興をお届けしています。解説記事はこちらから。

セットとなる現場インタビューでは、岩手・宮城・福島の3県に実際に行った今の東北をレポート。レポートは、4部構成にわかれており、第一弾は1日目、福島の現在に迫りました。そして第二弾は、経産省木野対策官をお招きしての原発談義をレポート。第三弾は、3日目の陸前高田・石巻・仙台の現在に迫りました。そして第四弾総まとめ編となる今回は、この3県それぞれが東北旅を通じて感じたことや今後の東北とのかかわり方、印象に残った出来事をお届けします。過去のレポート記事は以下のリンクからどうぞ。
【東北3県取材第一弾】福島の今を知る。-シリーズ2017衆院選後の未来①東日本震災復興-
【東北3県取材第二弾】「福島原子力発電所」の今を知る。-シリーズ2017衆院選後の未来①東日本震災復興-
【東北3県取材第三弾】「陸前高田・気仙沼」 の今を知る。-シリーズ2017衆院選後の未来①東日本震災復興-

=====

この旅は、福島、岩手、仙台と3日間で3県をまたがる旅だった。

1日目、福島。

「福島原子力発電所」言葉では何度も聞いてきた、上空からの映像は何度も見てきた場所が、すぐ隣にあった。当時の事故に責任を感じながらも、覚悟を持って廃炉に挑み続ける人がいた。そして、その近くで暮らす人が、子どもが、お年寄りが、いた。

2日目、岩手、陸前高田。

津波の被害があったその場所には、最先端の教育現場があった。「被災地」ではない姿で、魅力を集める施設や人がいた。当時に気づいたエネルギー問題に取り組まずにはいられないと言いながらも、楽しみながら生きている人がいた。



3日目、岩手、陸前高田、宮城、気仙沼。

行政という観点から、復興に取り組む人がいた。おいしいホタテがすぐそこで食べられた。気が付いたらここに戻ってきていた人がいた。凛とした時間と空間を作り出すお店であり地域コミュニティがあった。


行った場所、出会った人は、みなさん穏やかだった。
その穏やかさには強さと覚悟が感じられた。一言で言えば、「であえてよかった」場所と人にあふれていたのだ。

こうして、短いようで長かった東北の3日間は終わった。旅の帰り、仙台駅までの車中で、シェイパーの皆さんのこれからの東北のかかわり、そしてこの旅の意味についての話題が生まれた。全く同じ行程を旅した皆さん。その人のバックグラウンド、価値観、知識、それらすべてから生まれるこの旅の意味に迫る。

シェイパーの皆さんが思う、これからの東北とのかかわり方。

「故郷にする」くらいの気持ちで週末を楽しむ生産者に(西川翔陽さん)

西川「とにかくやるしかないんだよね。もうこの時期になると、本当に長い付き合いをするっていう形じゃないと東北とはなかなか関われない気がしていて。ふるさとにするくらいの気持ちや、かかわり方でやっていかないといけないと思っているんだよね。プライベートな時間とかfinancialとかのバランスを崩さずにやるか崩してまでやるかは難しいところなんだけど。

というのも、今までは東京っていう余力のある立場でお手伝いをするっていう感じの立ち位置でいたんだよね。でもそういう適当な付き合い方ってやっぱり出来ないなと思って。今回の視察でもわかったけど、中にいる人たちはもう手いっぱいでそういうことをやれてる人はいなくて。実際この未曽有の事故があった後の新しい未来を作るための戦略を練るキャパシティがないので、このキャパシティの一部分を自分がアイデアと一緒に届ける、っていうことをやっていきたいね。

ーその先に描いている未来はあるんですか?

西川「僕の感覚としては、日本を楽しみたいなと思っていて。これからは、東北の地域にかなりギアを入れてやっていくのかなという感覚だね。東京は週末楽しむ場所として楽しいとは思ってないので、週末とかに遊びに行くかくらいの感覚で仕事をしにいけるようになりたいね。

さらに、被災地って言う不利な条件の中でビジネスを試すのは自分にとっても力試しにもなると思っているんだよね。ビジネスの現場で鍛えている力が本当に社会に動かしていけるのかを試せるってことなので。

ピーカンナッツも、かかわり始めて3年目でこのような形で陸前高田で形になろうとしているのは嬉しいことだしね。

個人としてアプローチできる余地を感じた(品川皓亮さん)

品川「僕は、翔陽(西川さん)の話を聞いて、自分の本業とは別の形で自分が持っている財産と現地のニーズとかをつないで新しい何かを作る、っていうことを最小限のところから始めて形にしていくアプローチがあるというのを知れたのが非常に面白いなと思ったね。だから自分も消費者としての関わり方だけでなくて、生産する側に回ってみたいと今回思ったかな。地方に行くと、自分みたいな普通のサラリーマンでも提供できるものがあったりするんだというのを実感値として感じれてよかったと思っている。

身体性を持った発信をもとに、当事者主権の実現を(徐東輝さん)

東輝「僕は福島と宮城・岩手で分けて考えています。宮城・岩手についてはゆかりのある町は定期的に遊びに来るつもりなんですが、復興に関しては外部の人もたくさん入ってきているし、内部の人たちも頑張っているので、僕はこれからも定期的に遊びに来るかかわり方になると思います。

一方で、福島はもう少しコミットしていきたいと思っていて。僕は民主主義の中で当事者主権という言葉が一番好きで、国民じゃなくて当事者に一番主権を与えるべきだと思っているんですね。岩手とか宮城については当事者主権が大部分確立されていると思うけど、福島に関しては、ちゃんとした発信をして、国民主権や当事者主権を実現させていく必要があると思うんですよね。

西川「確かに僕も同じようなことを思ったね。福島に関しては、とにかくコミュニケーションが必要だよなと思った。原発や福島に関して知らないことが多すぎたからね。

東輝「僕は、多くの人は情報過多社会の中で消化不良になって無関心になると思っていて。どの情報を食べていいかすらわからないから。そんなときに身体性を持って見に行くっていうのはやっぱり非常に大事だなと思うんです。そして、その発信をそれぞれがしていくっていうことが重要なのではないでしょうか。

今回自分が得たような安心感をまずは住民の人に得て欲しい(加藤直子)

加藤「自分が興味がある対象がとてもクリアになりました。被災地に行きたいときに、自分が病気をしていて行けなかった、というのがあって。そうして6年たっちゃったけど、今日来てみると、自分が興味があるのは、女性だし、その暮らしなんだというのがわかってよかった。ホッとしているのは、木野さんにしても吉川さんにしても、放射線に関してあれだけ親身になって話してくださったことで。このほっとした感覚を自分のものだけにはとどめずに、広げていけたらと思っています。甲状腺について詳しく住民説明をしている専門家の方が数名いらっしゃると聞いたので、それを聞いてみたいと思います。

シェイパーの皆さんが思う、印象に残った出来事と、この旅の意味

ー最後に、今現在ここに来た意味をどうとらえていて、この経験をどう生かしていこうと思ってらっしゃいますか。

品川「僕は、吉川さんと木野さんのお話が一番印象に残ってます。例えばどんな旅行でもガイドブックじゃその土地の文化とか雰囲気とかわからないけど、行ってみると身体性を持ってそれらが迫ってくるっていうのがある。福島に関しても今までそんな感じで、どんな情報を見てもどこか他人事、というのがあったので、今回来れたことで福島が身体性として落ちたのは本当に良かった。この旅のおかげで、放射線に関する情報を得ようとしたり、それをもとに仮説を立てたり、っていうことがこれからは出来るという確信が出来たのがすごく嬉しい。

西川「僕は、行き過ぎた合理主義による不合理がある気がしている。福島の問題に関しても電力という合理化による不合理が住民の人に押し付けられているものだと思っている。不合理を巻き取る人間が必ずいなきゃいけない中で、木野さんが旅の中で、「僕がこれを背負っていきます」とおっしゃっていたのがとても印象的だった。そういう人の存在があることに安心感のようなものを感じた。あまりにも大きすぎる問題だからどう捉えていいかわからなかったけど、とにかく愚直に説明しないといけないとかそういうことだともわかったので、何か手助けしたいなと思ってる。

加藤「印象に残ったのは、まずは福島原発を見たときの自分の直観的な怖さや身体的な怖さ。でもその怖さがその夜の吉川さんや木野さんといった当事者であり専門家である人たちとのやり取りの中で変わっていって、自分のものさし(基準)を持っていけばいいんだという安心感に変わったのも、自分で自分に驚いたことだったな。
その中でひとつ気になったのは、住民の人たちにも私たちみたいな場があるんだろうかということ。だからそこは次に見たいところの一つです。もしそれが出来ていないのであれば、場づくり的なことを私がやっているのもあるので、そういう観点で場づくりに協力したいなって思ってる。

東輝「僕が印象に残ってるのは、夜のみなさんとの話の中でふと気づいたことなんです。福島と沖縄って似てるよねって思ったときに、でもその違いってなんだろうって話してたら、福島は東京都近いんだ、って思った。福島は東京に近いし、東京電力との関わりがあったから東京ではこれだけ議論されてきたんだと思うんだよね。でも怖いのは、これが大井原発とか高浜原発だったら、って思うことなんだよね。東京だからこれだけの議論が出来ているんだという危機意識を持ちつつ、こういう社会的合意形成が必要なケースっておそらく原発事故以外いっぱい出来てくるので、そうした合意形成のうまいやり方を探っていく必要があると改めて思ったことが、僕の今回の旅の意味だなって思います。

 

====

こうして、一同振り返りをしながら、それぞれがそれぞれの感触を持って、帰路についていった。

今回のこの取材を通してのレポートの目的は、2つあった。1つは、東北という場所の現在地を皆さんにより体感を伴った形で知っていただくこと。
そしてもう1つは、GlobalShapersというコミュニティに属している人たちがどのような思考や価値観をしているのか、を少しでも言葉にすることで、「社会のために何かをする」といったよく言われる言葉たちにより具体性や当事者性を持って皆さんにイメージしていただくことだ。

上のようなことをただ一言で言うのは難しいが、彼らに共通していたことのひとつは、共感性が高く、自分の言葉になって身体に落ちるまで適当で目の前のことを流さないこと。そしてもうひとつは、淡々としているということだ。

「淡々と向き合う。」

目の前に問題があっても、共感性を帯びたアツさと、当事者性を持った淡々さで向き合い続ける。その姿勢は静かで落ち着いていて、でも確かにその中にアツいものを感じた。

Global Shapers Community、この全世界にある社会課題を解決するためのコミュニティが、これからそれぞれの地域でどのようなイノベーションを起こしていくのか。

あなたはそれを中から見るか、外から見るか。どちらにせよ、目が離せない。

 

====
-シリーズ2017衆院選後の未来①東日本震災復興-の過去記事はこちら

-シリーズ2017衆院選後の未来-争点①東日本震災復興
【東北3県取材第一弾】福島の今を知る。-シリーズ2017衆院選後の未来①東日本震災復興-

【東北3県取材第二弾】「福島原子力発電所」の今を知る。-シリーズ2017衆院選後の未来①東日本震災復興-
【東北3県取材第三弾】「陸前高田・気仙沼」 の今を知る。-シリーズ2017衆院選後の未来①東日本震災復興-
====
最後になりましたが、こんなにも素敵な機会をくださった、同行させていただいたGlobal Shapers Communityの皆さん、そして今回事情があって記事にはできなかったカナダの素敵なお姉様、東北でたくさんのことをお話してくだった吉川さん、木野さん、油井さん、大森さん、海さん、長谷川さん、佐々木さん、関さん、そのほかすべての方々、本当に東北がより大好きになりました、心より感謝致します。

 

ピックアップ記事

  1. 先に行われた2017衆議院議員選挙。選挙で一時的に注目された争点が、選挙の結果か…
  2. 先に行われた2017衆議院議員選挙。選挙で一時的に注目された争点が、選挙の結果からどうなっていくこと…
  3. 先に行われた2017衆議院議員選挙。選挙で一時的に注目された争点が、選挙の結果からどうなっていくこと…
PAGE TOP