【9月20日】男子禁制♥の「出会える」パーティに行ってきた

みなさんこんにちは。

一応バイセクシュアルのYです。恋人探し中です。

さてさて新しい恋人を見つけるためにはなによりまず出会わないといけませんが、
男女でさえ交際率が低い中、同性と付き合う時はどうやって出会っているか、興味ありませんか?
(と悩んでるLGBの皆さんいませんか?)
前回まで固めな話を書いていましたが、今回はゆるっといきますよ。

というのも付き合っていた彼と別れた筆者Yが
「次は女の子とも…でも友達に告白なんてできない…」と
出会いの場を探していて見つけたのがこれ

0911-2

「男性」は完全入場禁止、
女性と恋愛したい・している人が超絶はっちゃけているLady Killerというパーティでした。

今まで「Lの世界」(アメリカのドラマ)やブログのエッセイでは見かけたことのあった
「ゲイ(orレズビアン)パーティ」ですが、実際に行くと思っていた以上の衝撃と発見がありました。

ということでY的Lady Killerの衝撃をご紹介します。

 

衝撃1.人、多


会場は大阪のかなり大きなステージ付きクラブですが、そこにすし詰めになる女、女、女(?)!
私が参加したときは、10周年記念(ていうのもすごい)ということでいつも以上に盛り上がっていたとのことですが、参加者なんと700人越えだったそうです。

カップルでの参加も多く、のびのびいちゃいちゃしているのを見ていると
日ごろ「性的少数者」「マイノリティ」と一くくりにされがちな同性愛のイメージがふっとびます。

 

衝撃2.個性、豊


次に驚いたのは個性というかファッション&ルックスの幅広さでした。

レズビアンの間では、雰囲気や見た目によって
・フェム→フェミニン、「女性」らしい
・中性
・ボイ →ボーイッシュ、男の子、男らしい
と分類されることがあるのは知っていたものの、思った以上に分かれています。

フェムの方がカジュアル、セクシー系、ゴスロリとみんなバラバラなのはもちろん
ボイの方に至っては服装がカジュアルなだけの方から背が高く胸も見つからないようなすらっとした体形でロックなファッションを身にまとっている見た目完全男性な方までいました。
(そういう人は身分証明書で女だって見せたのかな…)

 

衝撃3.駆引き、面白い!


ヘテロの出会いに比べてゲイ、レズビアンの出会いの最大の特徴は、

「全員が狩る側」
だってことじゃないでしょうか。

もちろん、女性からお付き合いまでアプローチすることって、ヘテロでもよくある事ですが
Lady Killerに来ている人たちは女性と出会える機会が限られていることもあってか、
フェムの方もボイの方もとても積極的です。

しかもフェム×ボイの組み合わせで仲良くなるとは限らないので
場を見渡せば全員が自分の恋人候補!という何が何だかわからない状況になります。

それでいて、男性>>>女性のような、絶対に敵わない力関係がないので、
すごく安心して、のびのびと過ごせます。本当に開放的でした。

ただし、さきほど書いたように、カップルで来ている人もたくさんいるため、
せっかく気に入ったあの子は恋人もち…なんてこともしょっちゅう起きます(した、残念)。

 

そんな女性による女性だけのためのパーティ、
長らく男性としか恋愛をしていなかった筆者にはとっても刺激的で病みつきになりそうでした。

 

*行ってみたいと思った女性に朗報!*

来たる9月20日に、11年目を迎えるLady Killerが大阪で開催されるみたいです。
しかも今回は初心者ブースまであるとのこと。

0911-1
20禁ですが 、女の子と出会いたい方はもちろん、
普段女の子が好きなのに「男との恋愛」が当たり前なのがちょっと過ごしにくい皆さんはぜひ一度行ってみてください!

公式Twitter:   https://twitter.com/LADYKILLER_pro?lang=ja
公式ブログ: http://ameblo.jp/ladykiller-next/

それでもなんか怖い…一人で行くのは…という方のために、
Lady Killerプレドリンク&ツアーが行われるガールズバーもあります。
ACE BARさんというところの「Lady Killerまで飲み放題」や、BarJAKEさんのオフ会情報から参加&申し込みできるみたいです。

皆さん(と私)の出会いに幸あれ!

 

Y

Y【文化, 社会もしかすると政治・法】

投稿者の過去記事

いろんな意味で境界上にいます。私の切り取った世界の一部が誰かの気づきや救いのきっかけになればいいなと思っています。
Facebook, Twitterは現在休止中です。

ピックアップ記事

  1. 出町柳駅すぐのバス停で、バスに乗り、ゆられること30分。そこには都会の喧騒から離れた、自然が豊か…
  2. 4月、出会いの季節。今年も多くの新入生が、大きな期待を胸に大学へ入学した。&nbsp…
  3. トランプや安倍総理の言動や移民問題、ヘイトスピーチに沖縄の基地問題、今では森友学園の話題など、現在の…
PAGE TOP