フツーに気になるバスケと民泊とITと【椿原脩平】

アドベントカレンダー企画の22日目です!!

===

こんにちは。G1COLLEGEをきっかけに今回投稿させていただくことになりました!
今年一年間は個人的に色々なことがあり、色々と動いた一年間でした。

個人的にはイスラエルに1ヶ月ほど滞在したのがすごーく衝撃的でした。

本当に色々な出会いが1年間を通じてありましたが、お会いしたすべての人に感謝です。

以前、自分ってすごく普通だなあというスタンスでブログを書いていました。普段はバイト、サークル、学生団体、留学、インターンなど、フツーに学生がやってきそうなことをただやってきた大学生活だったり、生涯公立学校でずーっとそれなりにバスケを続けてきたりと。

 

フツーでしょ?
ということもあって色々と考えることもすごくフツーなので、淡々と気になったものをアップしていきたいと思います。

 

第3位、UW-MadisonバスケットボールチームBadgersがMarchMadnessで全米3位に!

12380962_765674470243258_572733207_o

明るいニュースから行きましょう!笑

でも、どこの大学?ってなりますよね。実は、去年の夏からウィスコンシン大学マディソン校(UW-Madison)に1年弱交換留学をしていました。純ジャパで札幌で育ち続けた20年ちょっとの人生でしたが、ちょっと抜け出してみました。交換留学にはあるあるかなと思いますが、それなりに勉強漬けの毎日で「あれ?これって、楽しいのかな?」と留学前に想定していた甘い考えとは裏腹にかなり辛い日々を過ごしていました。

そんな中で、UW-Madisonのカレッジスポーツは非常に盛んで、かつ強力なチームが揃っており、特にバスケットボーるチームは昨年も全米3位と強豪。バスケを小学校から続けている自分にとっては非常に刺激的な環境でした。MarchMadnessという、全米で一番広告費がかかっており、テレビでももちろん連日連夜放送が行われ、オバマ大統領も勝敗を予想してしまう全米の大学のバスケットボール大会でなんとUW-Madisonが今年は準優勝。昨年の3位に続いて、今年も善戦が期待されていたのですがまさか決勝戦まで駒を進めるとは思わず。決勝進出が決まった瞬間にキャンパス中が湧いたのは、非常に良い思い出です。

今では、その時にプレイしていた選手のうち2名がNBAでプレイをしており、今後も注目していきたいと思います。

ちなみに、

Frank Kaminsky III(http://espn.go.com/nba/player/_/id/2579294/frank-kaminsky-iii

Sam Dekker(http://espn.go.com/nba/player/_/id/2991184/sam-dekker

↑この2名なので、見てみてください!

かなりニッチなニュースになってしまいましたね。次、行きます。

第2位、大田区で民泊が全面解禁!

12367032_765674456909926_1594981048_n

Air bnbを実質的に全面許可する形に!個人的にシェアリングエコノミー系は結構推しています。シンプルに便利です。例えば、他のサービスでも、

 

最近IVSで入賞していた・・・

・DeNAのAnyca(https://anyca.net/

 

駐車場シェアの・・・

・Akippa(https://www.akippa.com/

 

ありきたりですが、

・フリマアプリのメルカリ(https://www.mercari.com/jp/
・ココナラ(http://coconala.com/
・タイムチケットなど(https://www.timeticket.jp/
・・・わお、数えればきりがありません!

 

ガイアックスもShare! Share! Share!(http://share.jp/)というシェアルングエコノミーに特化したメディアの立ち上げ、またシェアリングエコノミーに特化したファンドの設立を行うなど、日本国内でもまだシェアリングエコノミーブームが尽きることはなさそうです。

また、シェアリングエコノミーのサービスを簡単に立ち上げることができるサービス(http://sharingeconomies.jp/teaser/)なども生まれてきており、利用者側としてでなく、シェアリングエコノミーの提供者に簡単になったりすることも可能になってきています。そんな中で、民泊の許可!!!これは政治サイドからもシェアリングエコノミーを全面的に支援するための大きな一歩になったのかなと考えています。

さらなるステップとして来年には許可付きで民泊全面解禁。許可付きというのがかなりネックですが、グレーであり続けるよりはマシなのかな〜と考えています。こう言った流れがどんどん加速し、消費のあり方が変わっていくのだろうなと勝手に予測してしまいます。

第1位、農業情報設計社がIVS Launch Pad で優勝!

10682815_765674463576592_973882799_o

スタートアップの登竜門と呼ばれる新サービス発表の場である『IVS Launch Pad winter』で・・・

北海道の帯広からやってきた企業『農業情報設計社』が・・・

業機械・農用車両に搭載して、圃場内の直進作業をお手伝いするGPSガイダンスアプリ『AgriBus-NAVI』というサービスで・・・

 

見事優勝を遂げました!!!

 

地方のスタートアップにもっと目立ってほしいという個人的な欲望を抱いている自分としては、非常に嬉しいニュースでした。この流れにどんどん各地のスタートアップが続いて欲しいと思います!農業に関連するサービスということで、それが農業大国北海道から生まれたのは納得です。

個人的にはこういった、本当に地方だから生まれやすいサービスだけでなく、もっといろんなサービスが地方からも生まれていいと考えています。例えば、Cacooが生まれたのは九州であり今では世界中の人々が利用しています。

ITの性質の一つに、地理的性質が乗り越えられるというのがあると思っています。その性質とは逆行するかたちで、現在多くの企業やサービスが首都圏から生まれているというのは、あまり理想的な姿ではないんだろうなと感じています。だからこそ、今後の人生で、地理的制約に縛られずに何か、求められているサービスを生み出せる人になれたらいいなあと思っています。

 

以上、フツーな学生の気になったコトでした。
今の所、「これだ!」と人生をかけて頑張りたいなあと思えるコトを見つけられてないので、探し続けてとりあえずは目の前の何かを自分のコトとして捉えてしっかり取り組んでみたいと思います!

 

ライター

椿原 脩平(つばきはら しゅうへい)

北海道大学からやってきた自称普通の大学生。普通なりに、なんでもすきなことはやってみればいいというスタンスで過ごす。結果としてスタートアップでインターン中。今回は、素朴な疑問で世界を切り取る。

seizee編集部

seizee編集部

投稿者の過去記事

当メディア『SeiZee』の編集部です。
「読んだらちょっと、考えちゃう」をテーマに記事発信しています。

昨年末から、モスク、競馬場などへのインタビューに力を入れています。

ピックアップ記事

  1. 前編では京都大学で活動している「同学会」という団体について、その活動や思いについて触れてきた。…
  2. 新歓のやかましさも過ぎ、新学期の高揚感も過ぎて、学内を歩いて…
  3.  大学の新学期2017年度がはじまり一月ほどが経った。 新入の学部生、まず、おめでとうございます…
PAGE TOP