”新国立競技場”の社説比較

本記事は、とある”テーマ”に沿って新聞社説を読み比べし、要点を3行程度にまとめることで、テーマを多角的に捉える視点を養うことを目的としています。社説本文は、各新聞のデジタル紙面版でお読みください。

=====

朝日新聞 2015年07月31日

新国立競技場 「政治」の責任はどこへ

「 『政と官』の役割分担と責任を踏まえつつ、とるべき責任をとる。これが本来の政治のあるべき姿だ。文科省が設ける第三者委員会の検証でこと足れり、とはいかない。」

文部科学省の担当局長が辞任したことについてから始め、これまでの政策決定と事業実施過程の検証を強く追及する姿勢である。下村博文文科相、森喜朗元首相、そして安倍総理と、それぞれ政治的に無責任な面があったとして、過ちの責任と原因を追及し、情報を公開することの必要性を主張している。

出典:http://digital.asahi.com/articles/DA3S11890371.html

 

==========

読売新聞 2015年07月25日

東京五輪へ5年 「新国立」の失策を挽回しよう

「事業主体の日本スポーツ振興センター(JSC)と、所管の文部科学省の無責任な対応が混乱を招いた。それを考えれば、遠藤五輪相を責任者に、官邸主導で建設を進める方針は妥当である。」

基本的には、東京五輪に向けて問題点をあぶり出し、適切に運営することが重要という姿勢だと思われる。競技会場の見直し作業などについても触れ、五輪に向けた様々な調整作業の過程において経費削減・有効活用を目指すよう主張している。その上で、「政府と都、大会組織委の役割と権限を明確にして、効率的に準備を進めることが肝要である。」と結ぶ。

出典:http://www.yomiuri.co.jp/editorial/20150724-OYT1T50160.html

 

==========

毎日新聞 2015年07月23日

新国立競技場 この失態を水に流すな

「前代未聞の失態を水に流すわけにはいかない。混乱を招いた責任をうやむやにしてしまっては国民は納得しないだろう。」

建設計画が白紙撤回されるまでに至ったこの問題について、放置した責任の所在を明確にし、過去の経緯を徹底的に検証すべきとしている。主に文科省及び下村博文文科相に対して、責任者としての自覚が乏しいと批判する。維持費の抑制や収益の確保など、未来像を踏まえた議論についてはアスリートや建築家など多様な意見に耳を傾けてほしいとする。

出典:http://mainichi.jp/opinion/news/20150723k0000m070172000c.html

 

==========

産経新聞 2015年07月24日

東京五輪あと5年 大会の成功へ前を向こう

「新国立の迷走をめぐり五輪そのものへの期待感がそがれているとすれば残念だ。新たな建設計画の策定を急ぎ、五輪開催へ向けて前を向かせてほしい。」

責任の所在をあいまいにしたままでは、次の段階へは進めないとする立場では他紙と一致している。JSCがこの事業を引き続き担うことについても、一切の遅滞が許されないスケジュールを考えると不安だとしている。基本的姿勢は、第一に五輪を盛り上げることにあることがうかがえ、「関係者には、20年五輪も希望の大会とする責務がある。」と結んでいる。

出典:http://www.sankei.com/column/news/150724/clm1507240003-n1.html

 

==========

日本経済新聞 2015年07月24日

身の丈に合わせた自然体の五輪でいい

「予算の使い道の透明性を高めて、身の丈に合わせた自然体の大会にする。これこそが成熟した国における五輪の姿だろう。」

費用の見積もりの杜撰さについて、具体的な数字を挙げて批判し、五輪後の施設運営についても楽観的な収支見通しを排すべきだと主張する。「コンパクト五輪」の在り方が見直されることになったことにも触れ、五輪開催の意義を改めて確認し、今の日本にふさわしい自然体な大会にしたいと結ぶ。

出典:http://www.nikkei.com/article/DGXKZO89680890U5A720C1EA1000/

seizee編集部

seizee編集部

投稿者の過去記事

当メディア『SeiZee』の編集部です。
「読んだらちょっと、考えちゃう」をテーマに記事発信しています。

昨年末から、モスク、競馬場などへのインタビューに力を入れています。

ピックアップ記事

  1. 皆さんはGlobalshpers(グローバルシェイパーズ)という名前をご存じだろうか?彼らは…
  2. 皆さんはGlobalshpers(グローバルシェイパーズ)という名前をご存じだろうか?…
  3. 皆さんはGlobalshpers(グローバルシェイパーズ)という名前をご存じだろうか?彼らは…
PAGE TOP