”戦後70周年談話”の社説比較

本記事は、とある”テーマ”に沿って新聞社説を読み比べし、要点を3行程度にまとめることで、テーマを多角的に捉える視点を養うことを目的としています。

今回は、8月14日に安倍総理が発表した戦後70周年談話の社説比較を掲載します。

社説本文は、各新聞のデジタル紙面版でお読みください。(なお、今回は諸事情のため4紙の社説比較を行っています。)

 

=====

朝日新聞 2015年08月15日

戦後70年の安倍談話 何のために出したのか

「談話全体を通じて感じられるのは、自らや支持者の歴史観と、事実の重みとの折り合いに苦心した妥協の産物であるということだ。」

戦後70年の歴史の総括として、極めて不十分な内容だったとする。いくつかのキーワードを盛り込みながらも、「日本」が侵略をし、また植民地支配をしたという主語がぼかされたと批判している。戦後50年の際に出され、首相が継承するとした村山談話と比べ、言葉として政府が出すおわびと閣僚などの言動のズレを指摘している。現在と未来をより良く生きるためには過去のけじめは欠かせないとして、山積する課題への総理の責任を問う形で締めている。

(出典:http://digital.asahi.com/articles/DA3S11916594.html)

=====

毎日新聞2015年08月15日

戦後70年談話 歴史の修正から決別を

「歴代内閣の取り組みを引用しての「半身の言葉」では、メッセージ力も乏しい。」

戦後50年にだされた村山富市首相談話が日本が植民地支配と侵略をおこなったと明確に記したのとは対照的に、その主語をぼかしたことを指摘している。「全体的に村山談話の骨格をオブラートに包んだような」内容だと評し、国内外からの批判を避けるために曖昧な表現となったのではないかと述べている。しかし同時に、村山談話に盛り込まれていた核心的なキーワードが今回の談話にも散りばめられていること、「何の罪もない人々に、計り知れない損害と苦痛を与えた」などと加害性を認めていることなどを挙げ、これをプラスに転じさせていくべきだと主張する。「すでに定着した歴史の解釈に異を唱え、ストーリーを組み替えようとする歴史修正主義からきっぱりと決別すること」で、国家のメンツにこだわって対局を見失わないためにも、引き続き平和への努力をすべきと結ぶ。

(出典:http://mainichi.jp/opinion/news/20150815k0000m070127000c.html)

=====

読売新聞2015年08月15日

戦後70年談話 歴史の教訓胸に未来を拓こう

「先の大戦への反省を踏まえつつ、新たな日本の針路を明確に示したと前向きに評価できよう。」

「侵略」という言葉を明確に盛り込んだ談話を評価している。また、戦後日本に手を差し伸べた欧米諸国に感謝を述べると同時に、慰安婦問題を受け女性の人権の尊重を主張した点を取り上げている。「歴史認識を巡る様々な考えは、今回の談話で国内的にはかなり整理、集約できた」と述べている。「積極的平和主義」を掲げ、世界の平和と繁栄に貢献する日本の姿勢が、欧米や東南アジアの諸国から幅広く支持されているとし、「歴史の声」に耳を傾けつつ、日本の将来を切り拓きたいと結ぶ。

(出典:http://www.yomiuri.co.jp/editorial/20150815-OYT1T50003.html)

=====

産経新聞2015年08月15日

戦後70年談話 世界貢献こそ日本の道だ 謝罪外交の連鎖を断ち切れ

「重要なのは、この談話を機会に謝罪外交を断ち切ることだ。」

未来志向に基調を置く談話を目指したことを当然とし、平和を実現する責任をいかに実践していくかが、これからの日本の大きな課題となったと述べる。米国の力が相対的に衰退し中国やロシアが台頭している現在の国際情勢の中で日本が国際秩序の守り手だとした談話を評価している。「歴史で政府が謝罪すれば国内に反発が生じ、改めて相手国の不信を高める。結果として、より大きなマイナスをもたらす。」という流れを日本の謝罪外交の構図であるとし、中国・韓国両国に歴史問題をカードとすることを止めるよう求め、政府に「反論と史実の発信を止めてはならない」と主張する。国民を萎縮させる謝罪外交に終止符を打つことに、首相は重い責任を負ったと結ぶ。

(出典:http://www.yomiuri.co.jp/editorial/20150815-OYT1T50003.html)

seizee編集部

seizee編集部

投稿者の過去記事

当メディア『SeiZee』の編集部です。
「読んだらちょっと、考えちゃう」をテーマに記事発信しています。

昨年末から、モスク、競馬場などへのインタビューに力を入れています。

ピックアップ記事

  1.  大学の新学期2017年度がはじまり一月ほどが経った。 新入の学部生、まず、おめでとうございます…
  2. 出町柳駅すぐのバス停で、バスに乗り、ゆられること30分。そこには都会の喧騒から離れた、自然が豊か…
  3. 4月、出会いの季節。今年も多くの新入生が、大きな期待を胸に大学へ入学した。&nbsp…
PAGE TOP