いよいよ来年から!18歳選挙権実現について知っておきたい5つの事実

いよいよ来年、新しい選挙制度が始まる!

2015年6月17日、選挙権年齢を現行の「20歳以上」から「18歳以上」に引き下げる改正公職選挙法が参院本会議で全会一致にて可決、成立しました。来年夏の参院選から適用される見通し、1年後には新たに18歳以上の国民が選挙にて投票できる有権者になります。

そこで、新しい選挙制度が始まるまえに、押さえておきたい5つの事実を確認しておきましょう。

 

選挙権年齢引下げは70年ぶり!

選挙権年齢が引下げられるのは、終戦直後の1945年に「25歳以上」から現行の「20歳以上」に変更されて以来、70年ぶりの見直しで、国政選挙のほか、自治体の首長、議会の選挙などにも適用されます。

ちなみに、70年前は女性の参政権が認められた改正でもありましたよね。

 

新たな有権者の数は240万人

新たに有権者となる18,19歳の数はおよそ240万人にのぼります。

いま1億人の有権者がいる日本で、2.4%の新しい有権者が生まれるというと、すごく微々たるものかもしれません。

では、こう考えるとどうでしょうか。

20代の有権者の数は約1300万人。そこに240万人が新たに「若者」有権者として選挙権を手にします。若者の声は大きく政治の世界に届くかもしれません。

少なくとも、政治の世界は若者の声を聞きたがっています。

 

選挙権年齢の拡大により、18~19歳の選挙運動も解禁

選挙権年齢が18歳まで引下げられることにともない、18,19歳から選挙運動をしてよいことになります。したがって、高校3年生の中には選挙日までに満18歳になる子たちがいるので、その子たちは選挙運動が可能になり、他の子は依然として禁止されます。

簡単な例を上げれば、選挙期間中に候補者のツイートをリツイートしていい子(これは選挙運動にあたります)と、リツイートしてはいけない子のどちらもがいることになります。

また、高校生については、1969年に旧文部省が出した通達によって政治活動ができないことになっているため、選挙期間中ではなくとも政治に触れ、学び、意思表示することができるように、この制限を緩和する声が求められています。

選挙運動とは、特定の選挙に、特定の候補者の当選をはかること又は当選させないことを目的に投票行為を勧めることをいいます。

政治活動とは、政治上の目的をもって行われるいっさいの活動から、選挙運動にわたる行為を除いたものをいいます。

 

実は世界の8割以上がすでに18歳で有権者!

実は、世界の85%の国々ですでに選挙権年齢は18歳になっています。

法務省が2008年に調査したところによると、すでに162ヶ国で18歳選挙権が実現していました。

すでに、オーストリアや北欧の特定選挙では16歳選挙権が実現し、イギリスやデンマークなども16歳への引下げを検討しています。

日本は、先進諸国の中では最も遅い引下げとなります。

参照:http://www.moj.go.jp/content/000012508.pdf(法務省データ)

 

被選挙権年齢の引下げも検討へ

今回、選挙に立候補できる年齢「被選挙権年齢」の引下げは見送られました。

しかし、世界の半数の国ではすでに21歳で立候補できるように、被選挙権年齢が引下げられています。

高校生市議や18歳の市長が当選したりしています。

自民、公明、民主、維新らも、被選挙権年齢の引下げの議論に早期に着手する構えであるとのことで、これからの進展を注視したいと思います。

 

********

たくさんの課題があるのも事実…

さて、今回は、選挙権年齢の引下げについて、知っておくべき事実を挙げてみましたが、課題もたくさんあります。

・成人年齢について民法、少年法との整合性はどうするのか

・学校における主権者教育、政治教育のあり方をどうするのか

・若者の政治的成熟性、リテラシーをいかに高めていくのか

 

せっかく選挙権年齢が引き下がり、政治家がたくさんの若者の声を聞きたがっているのですから、ぜひとも声を響かせたいものです。

 

いよいよ、1年後、新しい240万人が日本の意思決定に参加します。

 

 

徐東輝

徐東輝【政治】

投稿者の過去記事

若者と政治をつなげるivote関西代表。ダボス会議グロバールシェイパー。京都大学法科大学院生として学ぶ傍ら、政治教育・メディアのあり方を探っています。日韓×憲法の視点で執筆中です。

ピックアップ記事

  1. 前編では京都大学で活動している「同学会」という団体について、その活動や思いについて触れてきた。…
  2. 新歓のやかましさも過ぎ、新学期の高揚感も過ぎて、学内を歩いて…
  3.  大学の新学期2017年度がはじまり一月ほどが経った。 新入の学部生、まず、おめでとうございます…
PAGE TOP