【来たる参院選!】ウェイでもわかる!憲法問題!

~ウェーイImage_a33672d

別表記:ウェイ、ウェイウェイ(こんな人→)

仲間同士で盛り上がった時に発せられる若者言葉。単に軽い挨拶として、友人に会った時などにも用いられる。関連して「ウェーイ系」という表現が使われることがあり、集団になって騒ぐことを好む若者に対する軽蔑を込めた呼称などとして使われる。

(引用元:ウェイとは – 日本語表現辞典 Weblio辞書

<登場人物>
ウェイ1,2・・・大学生。テニサー所属のウェイ。GPAとQOLが低い。

憲様・・・イケメン憲法系男子。彼の憲法スピーチにクラスの女子はいつもメロメロ。
====

うぇい1(以下W1)「よっしゃーー、なんかいつのまにか選挙権ゲーット!!」

うぇい2(以下W2)「いやそれ俺もだし。ってかなにを決め手に投票すればいいのかマジイミフじゃね?」

W1「おれ知ってるぜ。憲法改正がなんたらとか、朝のニュースで言ってたーー(ドヤッ)」

W2「え、なにそれおいしいの?」

W1「えーーっと・・・まあでもよくわかんないしとりあえずはいいかー。」

憲様(以下憲)「君たち、しばし私の話を聞くのであーる!」

W2「なんだあいつ、やべーよ。めっちゃイケメンだけど。。。」

憲「なんだキミハってか?ふはは・・・私こそが憲様であーる。今から3分間で君たちに憲法のことを教えてあげよう。」

女子「キャーー憲様ーー!!私にも憲法のこと教えてー。」

W1・2「でもあいつなんかやたらモテモテだな?まあ試しに話だけでも聞いてみよー!」

====

【そもそも憲法ってなに?俺らとなんか関係あるの?】

憲「まず憲法に対してどういうイメージを持っているかな?」

W1「いやー直接関わりなさそうで、すごく遠い存在かな。」

憲「確かにその気持ちはわかる。でも実は憲法は私たちにとって、「身近」なものなのであーる。」

W2「なーーにーーー!!」

憲「一般的に、『憲法は国家の権力を制限して、国民の権利や自由を守るための法規範である』と説明されているよ。」

W1「ケンリョク?ホウキハン?」

憲「ものすごく大雑把にいうと、国民から国家への命令ってこと。」

W1「憲様、もう一声。」

憲「国家がものすごい権力を持っていることは分かるよね?でもそれがもし濫用されてしまったらどうなると思う?私たちの権利や自由が奪われてしまうかもしれない。だから憲法で国家権力を”縛る”ことによって、私たちの権利や自由を守っているのであーーる。例えば、番犬は主人のことを守ってくれる。けれども万が一飼い主に噛みつかないとも限らないでしょ?だから鎖や首輪つけてるよね。そう捉えてもらえると分かりやすいのではないかな?」

W1「憲様さすがっす。ちょっとだけわかった気がする!憲法はむしろ、僕らと近い存在ってことよね?」

憲「うむ、そういうことであーる。」

W2「1つわからないんだけど、じゃあ憲法は国民を縛っているものではないんなら、俺らは憲法を守らなくていいの??」

憲「むむ。いい質問であーる。原則的には憲法を守らずとも問題はないよ。だけど憲法に従ってつくられた法律は守らねばならないのであーる。」

W2「なるほどーそこで法律出てくるのね。」

====

【憲法9条ってよく聞くけど・・・】

W1「そういやニュースで憲法9条って言ってたんだけどなんのこと?」

憲「憲法9条は「平和主義」について述べている重要な条文であーーる。」

W1・2「ヘイワシュギ・・・?」

憲「9条では以下のことを定めているのであーる。」

111

W1「ふむふむ。ところで自衛隊は戦力じゃないの?」

憲「今のところ自衛隊は、憲法9条2項の「戦力」に該当しないという解釈が一般なのだ。現在の政府の見解では、自衛隊は自衛のための必要最小限のレベルこえていないから、戦力には当たらないとされてるのであーる。」

112

====

【どうして今回の選挙で話題になってるの?】

W1「じゃあ今回の参院選でなんで憲法改正が争点になってるの?」

憲「憲法改正するためには, 憲法96条第1項で、

『この憲法の改正は、各議員の総議員の3分の2以上の賛成で、国会が、これを発議し、国民に提案してその承認を経なければならない。この承認には、特別の国民投票または国会の定める選挙の際行われる投票において、その過半数の賛成を必要とする。』

と規定されているのであーる。」

W2「えっと、要するにどういうこと?」

憲「まず国会で発議するためには、衆議院・参議院の各議員の3分の2以上の賛成が必要なのだよ。」

W1「今どんな感じなの?」

憲「現状としては衆議院では自民党と公明党が3分の2以上が占めているんだけど、参議院では憲法改正に賛成している4党(自民党・公明党・おおさか維新の会・日本のこころを大切にする会)をあわせても約60%しかいないから条件をクリアできていないんだ!」

W2「もしかして今回の選挙の結果次第で、変わったりしちゃうの?」

憲「今回の参院選は政権交代を掛けた選挙ではないけれども、「憲法改正」という点では、とっても重要な意味合いを持つ選挙になるかもしれぬ。もし自民党が大勝したとしたら、その後国民投票が行われる可能性も高くなるのであーる!だから逆に野党は3分の2を取らせないよう、政策を訴えているのだ」

113

114

 

W1「そもそもなんで憲法変える必要あるの?」

憲「今の日本を取り巻く安全保障環境の変化や未曾有の天災の発生、新しい人権がでてきたり、時代の変化に沿う憲法への改正が必要だって主張しているところもある一方で、やはり容易に憲法改正をするべきではないとの考えもある。だからこれからも議論がなされていくのであーる。」

115

↑詳しい各党の政策まとめ(ivote関西作成)

 

W1「ふーん、難しいなー。でも憲様のおかげで憲法について少しだけわかってきたかも!」

=====

キーンコーンカーンコーン

=====

憲「もうこんな時間か。私はこれから部活の練習なのであーる。安保法案や集団的自衛権についてはまたいつか次の機会に説明しよう!さらばであーる。」

女子「ちょっとーー。憲様待ってーーー!!」

W1・2「あいつは結局何者なんだ・・・」

W1「また、憲様に話聞きに行こうぜ。興味出てきたし!」

W2「そうだな、めざせ憲法系男子なんちってな(笑)」

画像出典:陸上自衛隊ホームページより自民党パンフ民進党パンフ

seizee編集部

seizee編集部

投稿者の過去記事

当メディア『SeiZee』の編集部です。
「読んだらちょっと、考えちゃう」をテーマに記事発信しています。

昨年末から、モスク、競馬場などへのインタビューに力を入れています。

ピックアップ記事

  1. 前編では京都大学で活動している「同学会」という団体について、その活動や思いについて触れてきた。…
  2. 新歓のやかましさも過ぎ、新学期の高揚感も過ぎて、学内を歩いて…
  3.  大学の新学期2017年度がはじまり一月ほどが経った。 新入の学部生、まず、おめでとうございます…
PAGE TOP