【来たる参院選!】あなただけの選挙ガイドブックづくり!【活動紹介】

今私たちSeiZeeでは、参院選に向けて「若者と政治を繋げる」をテーマに日々記事を発信中です。

そして、参院選まであと3日と迫った今日から、「若者と政治」というテーマに取り組んでおられる団体と協力し、公開された記事や各種活動の紹介をしていきます。

今回は、若者の政治・社会参画の推進に向けて活動されているNPO法人「YouthCreate」の活動紹介です!

転載元のリンクはこちらから。

 

 

こんにちは~(*・∀・*)ノ ハーィ

メンバー大学1年の遠藤です!
皆さん、雨が多くて気分があんまり晴れないですよね~
そんな時、私はおいしいものを食べたいです!σ(´~`*)ムシャムシャ
雨を見ながら、お団子!いいんじゃないかな~なんて思います🍡

さてさて、今回はイベントの報告をしたいと思います!!!o(・`д・´。)

 

~参院選応援企画!!「あなただけの選挙ガイドブックづくり」~(タイトル

先日、6月26日に湯島地域活動センターにて、
新学生メンバーによる初企画「あなただけの選挙ガイドブックづくり」を行いました!!

当日は少し蒸し暑いなか、たくさんの参加者に来ていただきました!!╰(*´︶`*)╯

まず、皆さんお互いに自己紹介をした後、

参院選って何?参院選の流れってどんな感じなんだろう?ということを

まるで登山をするような感覚で学んでもらうところから始まりましたo(・`д・´。)

 

そしてスマホを選ぶ基準軸と同じように、

投票するときにも判断するための自分の関心軸を探ってもらおうと

「my関心度指標」というワークをやってもらいました!

グループ内で、皆どのようなことに関心を持っているか共有しました!

自分の関心軸がわかったところで、実際の政策を見てみます!

自分が興味を持っていることについて政党がどのような政策を出しているのか、

また自分の考えとは反対の政策を出している政党なども確認することが出来ました

最後に、このイベントでは自分の関心軸を見つけ、そこから政策を見て、

自分がどこに投票するかを考えるということをしましたが、このイベントでは紹介出来ない情報が沢山あります

このイベントで終わるのではなく、投票日までの間を有意義に使ってもらえればと思います!!

参加してくれた皆様、ありがとうございました!

と、学生メンバーで初めてのイベントを行ってきましたが、どうだったでしょうか?

私は、イベントを企画すること自体が初めてで、ドキドキの連続でした!

今回のイベントの経験を活かして、次に繋げていきたいと思います!

 

最後にイベントでご紹介した参考サイトリストを載せさせていただきます!

参院選での投票先選びにぜひご活用ください!

 

【参院選についての情報全般】
各政党情報、選挙区と比例代表の各候補者一覧などなど

総務省18歳選挙権
Yahoo!みんなの政治
NHK選挙情報 参院選2016

 

【各新聞社】
新聞社はそれぞれ参院選特設ページを作っています!選挙の争点に関わる記事なども載っています!

朝日新聞
産経新聞
日本経済新聞
毎日新聞
読売新聞

 

【各自治体選挙管理委員会】
自分の選挙区の自治体の選挙管理委員会ページは要チェック!

東京都選挙管理委員会事務局
神奈川県選挙管理委員会事務局
千葉県選挙管理委員会 参院選特設ページ

 

【自分とあった政策見つけ】
質問に答えていって、自分の考えに会う政策を見つける!

日本政治ドットコム、ボートマッチ
YAHOO!みんなの政治 相性診断
毎日新聞えらぼーと

 

【公約比較】
各党の政策がカテゴリーごとに一覧になっています!
イベントでも使ったやつですね!イベント思い出しながら見てみてください!

政くらべ
政治山
日経新聞記事(各党の公約比較)

毎日新聞記事→(公約分析)

●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●
非営利団体YouthCreate
HP:http://youth-create.jp/
Facebookページ:https://www.facebook.com/YouthCreate
Twitter:https://twitter.com/YouthCreate_PR
●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●

seizee編集部

seizee編集部

投稿者の過去記事

当メディア『SeiZee』の編集部です。
「読んだらちょっと、考えちゃう」をテーマに記事発信しています。

昨年末から、モスク、競馬場などへのインタビューに力を入れています。

ピックアップ記事

  1. 前編では京都大学で活動している「同学会」という団体について、その活動や思いについて触れてきた。…
  2. 新歓のやかましさも過ぎ、新学期の高揚感も過ぎて、学内を歩いて…
  3.  大学の新学期2017年度がはじまり一月ほどが経った。 新入の学部生、まず、おめでとうございます…
PAGE TOP