SEALDsが浮き彫りにした空気と論理と若者心理

SEALDs1

学生による政治団体「SEALDs」は昨年10月に、第24回参議院議員通常選挙終了後をめどに解散すると発表しています。

昨年5月に発足し、瞬く間に注目の的となった同団体。いよいよ、解散のめどとした参院選が終了しました。

既に広く知られているように、SEALDsの特徴は街頭デモでラップ等を用いて端的に主張を展開するところにあります。これは同団体の特徴であると同時に、大きな欠点でもあります。

旧第三帝国の総統アドルフ・ヒトラーは著書「我が闘争」に、次のように記しています。

いかなる宣伝も大衆の好まれるものでなければならず、その知的水準は宣伝の対象相手となる大衆のうちの最低レベルの人々が理解できるように調整されねばならない。
…(中略)…宣伝の純粋の知的程度はますます低く抑えねばならない。
大衆の…(中略)…理解力は小さい代わりに忘却力は大きい。…(中略)…全ての効果的な宣伝は、要点をできるだけしぼり、それをスローガンのように継続しなければならない。

「安倍はやめろ」、「民主主義ってなんだ」「国民舐めんな」……分かりやすくて気分の高揚する彼らのシュプレヒコールは、あたかもお祭騒ぎのような雰囲気を醸し出し、そのデモは一見カジュアルで格好良く見えます。こういった雰囲気に、若者の多くはすぐ乗せられてしまいます。SEALDsの行ったことは、ヒトラーが論じ、実践したことと同じといっても過言ではないでしょう。

つまり、SEALDsがもたらした若者の熱狂は、彼らの不安と単純な行動様式を利用したポピュリズムの産物だということです。

2SEALDs

これがもたらすのは、社会の「若者は未熟」というイメージをより強固にしてしまう危険性です。

漫画家の小林よしのり氏は、はじめSEALDsについて「安保法制の中身を読んで議論してる」と好意的であったものの、のちに「『デモこそが民主主義』と勘違いしている」「『議論』ができない」「馬鹿」と態度一変、痛烈な批判を浴びせています。

確かに、氏の初期の見立て通り、「副司令官」などの主要人物はある程度法(案)を理解していたはずです。そうでなければメディア出演や書籍執筆、演説はできるはずがないでしょう。しかし、如何せんデモでの発言は扇動的・感情的なものでした。

そして、デモ等に加わった人の多くは、感情的になってやって来たか、或いは「ノリ」で来たものではないでしょうか。

憂うべきことですが、若者には「ノリ」、すなわち「空気」で動く傾向があります。政治論議がはばかられる「空気」の中にあっては政治については話さないし、SEALDs等が盛り上がっている「空気」の中にあっては意気揚々とデモに繰り出す。それが今の若者の実像と言えるでしょう。

お祭騒ぎのようなデモ風景は、安保法に疑念を抱いている私の目にも奇異に映りました。安保法論争が落ち着いた今、彼らに向けられる視線は冷ややかなものが目立ちます。多くの人々が「熱狂の正体」に、意識的にせよ無意識にせよ気づいてしまったということかもしれません。

 

しかし、「畢竟彼らの大半は論理なしであった」という結論で済ますべきではありません。

熱狂の中にあっては、その集団の誤りはなかなか気付きにくくなり、また気づいたとしてもそれから目をそらす傾向があります。しかも、「空気」に踊らされてしまうのは何も若者に限った話ではありません。SEALDsの言う「民主主義ってこれ(デモ)だ」に当時本気で賛同してしまった大人も少なくないでしょう。

ポピュリズムは論理、さらには民主制を破壊しかねません。にも関わらず、ポピュリズムの嵐は世界各国に吹き荒れています。もちろん、日本もその例外ではありません。これに対抗するには、国民一人ひとりが政治に関して考える力を、そしてその前提となる知識を身につけなければなりません。18歳選挙権の導入に合わせて行われている「主権者教育」について、「むしろ大人にこそ主権者教育を」と述べる人がいますが、全くその通りです。

論理は民主政においての最大の武器であることは言うまでもありません。であるからこそ、考える力が重要なのです。確かな知識のもと、確かな言論をできる人間が全ての階層に求められています。

SEALDs3

※写真1・3:写真AC
※写真2: フリー写真素材ぱくたそ(モデル:大川竜弥)

福井健一郎

福井健一郎【社会・政治】

投稿者の過去記事

政治に関する話題や言論について考察したり、社会において若者ができることを勉強しつつ述べていき、SeiZeeの理念の一つ「世論の向上」を実現し、一人ひとりが政治に関わる社会を目指していきます。

長野県野沢北高等学校3年/小中高生対象のリサーチサービス「ネクスボイス」元最高技術責任者/一般社団法人信州若者会議会員/日本若者協議会会員

Twitter: @fk_mb
Facebook: https://www.facebook.com/fk.onl/

ピックアップ記事

  1. トランプや安倍総理の言動や移民問題、ヘイトスピーチに沖縄の基地問題、今では森友学園の話題など、現在の…
  2. 「日本が好きだ。当たり前だ。日本に生まれて、日本で育った。だって僕は日本人なのだから。」…
  3. 類聚=同じ性質・種類のものを集める前回少し平安時代の話をしましたが、平安時代の古典には「○○類聚…
PAGE TOP