戦後71年目、新聞各社の論調は?【社説比較】

社説は、新聞各社の「本音」が現れる場所と言っても過言ではありません。

事件や情勢の解説記事となることが多い社説ですが、その論調やスタンスは新聞各社により異なります。

メディアリテラシーの重要性が叫ばれる昨今。

各社の社説を比較することは、情報を客観的に判断し取捨選択する力をつけることができる絶好の方法と言えます。

(なお、デジタル版掲載の有無に関係して、今回は5紙の社説比較を行っています。)

戦後71年目のこの日、新聞各社はどのような社説を掲載したのでしょうか。

社説本文は、各新聞のデジタル紙面版でお読み下さい。

==========

読売新聞 2016年8月15日

終戦の日 確かな「平和と繁栄」を築こう

日本政府は、戦争に関する様々な史実の歪曲わいきょくに対し、的確な反論を続けねばならない。国際社会のルールの順守を中国などに働きかけることも大切だ。

71回目の終戦の日を迎え、「先の大戦で亡くなった310万の人々を追悼し、平和への誓いを新たにする日である。」とし、今年5月のオバマ大統領の広島訪問を「成熟した日米関係を象徴する歴史的な訪問だった。」と語る。
現在の日米関係も安定を求めつつも、間に歴史問題や領土問題を抱える中国、韓国、ロシアとの対外関係に釘を刺し、「各国との建設的な関係を追求して、戦後日本が築いてきた平和と繁栄をより確かなものとしたい。」と結んだ。

出典はこちら

==========

朝日新聞 2016年8月15日

日本の戦後71年 記憶を新時代へ渡す責任

戦争の「記憶」や「記録」は新たな時代へ、きちんと残されているだろうか。国内外の惨禍を二度と起こさないための教訓を受け継ぐ基盤があるか。いま点検しておく必要があろう。

昨年安倍総理が戦後70年の談話で「過去を受け継ぎ、未来へ引き渡す責任」を明言したことを留意し、政府が戦争の記憶や記録を伝承する努力をすることが「日本は過ちを繰り返さない」という世界に対する態度表明になると考える。
過去の戦争の教訓を生かし、未だ戦争による犠牲者を生む世界の現状を考えることが「グローバル化時代を生きる市民一人ひとりに求められる責務」ではないかと問いかけた。

出典はこちら

==========

毎日新聞 2016年8月15日

終戦記念日 歴史に学ぶ力を蓄える

300万人を超す戦争犠牲者への追悼はどうあるべきか。政治家はこの困難な課題を克服する勇気と信念を持ち続けなければならない。

安倍晋三首相の戦後70年談話は当面の摩擦を避けることが主軸となり、「近現代史について国民の共通認識を形成したとは言い難い。」と語る。「靖国問題の根底には戦争責任を裁いた東京裁判観の分裂があるから」とし、「東京裁判観の分裂があるから」とし首相や閣僚の靖国神社参拝には否定的な態度をとる。国際社会が排他的な「自国第一主義」に進みつつあることに警鐘を鳴らし、「71年続く日本の平和は至高の財産だ。」とし、8月15日はその大切さを学ぶ日だと結んだ。

出典はこちら

==========

日本経済新聞 2016年8月15日

71年目の夏 戦後はいつまで続くのか

 日本が戦後を語れるのは、あれ以来、戦争をしていないからだ。この先、戦後80年、90年……。戦後はいつまで続くのか。平和が破られるまで、である。

昨年とはうらはらに今年のメディアの関連報道は落ち着いており、このまま戦後が忘れられていくのではないかと問いかける。昨年の終戦の日、天皇のお言葉に「平和の存続を切望する国民の意識に支えられ」というくだりが挿入されたこと、そして天皇が生前退位の意向を示唆されたことを留意し、「その前の昭和はますます記憶から遠のいていきかねない。」という懸念を示す。戦争体験者が減った現在、戦後が戦前になる前に「日本がなぜ戦争へと突き進んだのかを考え続けねばならない。」と締めくくった。

出典はこちら

==========

産経新聞 2016年8月15日

終戦の日 先人への礼欠かぬ和解を 「譲れぬ価値」再確認する時だ

日本が国際平和へのより積極的な貢献を目指しても、それを封じ込めようとする力は極めて大きいことを認識せざるを得ない。
日本の名誉や国益に関し、譲れない一線を今一度確認しておく必要がある。日本をおとしめる曲解を認めず、嘘を正していく努力はより大切になる。

オバマ大統領の広島訪問と戦後70年談話による外交方針のもと行われた慰安婦問題に関する日韓合意を変化ととらえ、それらが日本の立場を貶めていないかと問いかける。 中国、韓国、ロシアによる干渉の排除を示すため、安倍首相には靖国神社への参拝の再開を求め、最後に「日本軍が玉砕しただけでなく、誇りある歴史がある。戦争の悲劇に思いを致しつつ、そうした史実も埋もれさせたくない。」とした。

出典はこちら

画像の出典:http://bunkyo.keizai.biz/gpnews/314754/

seizee編集部

seizee編集部

投稿者の過去記事

当メディア『SeiZee』の編集部です。
「読んだらちょっと、考えちゃう」をテーマに記事発信しています。

昨年末から、モスク、競馬場などへのインタビューに力を入れています。

ピックアップ記事

  1. 前編では京都大学で活動している「同学会」という団体について、その活動や思いについて触れてきた。…
  2. 新歓のやかましさも過ぎ、新学期の高揚感も過ぎて、学内を歩いて…
  3.  大学の新学期2017年度がはじまり一月ほどが経った。 新入の学部生、まず、おめでとうございます…
PAGE TOP