風俗嬢とは誰なのかー②

風俗嬢とは誰なのか

 

こんにちは、現役大学生で現役風俗嬢の片瀬うみです。

 

「風俗嬢とは誰なのかー①」では、人数的な意味で風俗嬢は決して異端で珍しい存在ではないことをお伝えしました。

 

少しでもみなさんに「確かにな〜」「へぇ〜」と思っていただけていたら幸いです。

 

 

 

さて、2回目の配信となる今回は風俗嬢たちの”働く理由”に着目しました。

 

私は現役風俗嬢として働いているゆえに、もちろん風俗嬢の友達も多くいます。

また、現役大学生であり、大学では風俗嬢たちについて研究しようとしています。

(現在3回生なのでまだ本格的な研究ではありませんが…)

その研究にあたって風俗嬢たちに大量にインタビューをしているので、風俗嬢たちの声は人一倍知っているつもりです。

そこから私が得た情報、つまり、”現役風俗嬢たちの生のVoice”の一部をご紹介したいと思います。

 

では以下に紹介する10人の”働く理由”から風俗嬢とはどういう人たちなのか、みなさんに考えてほしいと思います。

 

※「名前 職業 年齢 理由」の順に記載しているが、ここでの職業とは性風俗以外の職業を指す。

 

 

Tさん フリーター 27歳

彼氏と同棲していて、短時間勤務できる仕事が必要だったため。

 

 

Mさん フリーター 24歳

フランスの料理店から内定をもらい渡仏までフランスでの生活費などの資金貯め。

 

 

Hさん 地下アイドル 23歳

ライブなどが忙しいが、アイドルの給料は安く衣装が買えず、家賃も払えないため。

 

 

Rさん エステティシャン 38歳

レズビアンであり結婚ができていないため、税金がかなり取られる。

将来の子供の養育費を貯めるため。

 

 

Nさん 栄養士 26歳

親が子供の稼ぎに頼るダメ親で、その親への仕送り。

 

 

Eさん フリーター 32歳

ブランド物が好きで、OLの給料じゃ買えなかったから。

 

 

Aさん 学生(アルバイトで塾講師)20歳

学費と家賃の支払いと留学費用稼ぎのため。

 

 

Kさん アルバイト(居酒屋)19歳

貯金がないととりあえず不安なため。

 

 

Sさん フリーター 24歳

人と関わるのが苦手だから。(風俗はお客様との一瞬の時間を耐えればいいだけだという考えらしい)

 

 

Mさん 専業主婦 48歳

旦那との性生活は全くないため。

 

 

いかがでしたか?

 

本当はもっとたくさんの方を紹介したいところですが…

たった10人しかご紹介できませんでしたが、彼女たちの”働く理由”をみなさんは全く抱いたことがないとは言い切れないでしょう。

 

みなさんも

欲しいものぐらいありますよね?

趣味もありますよね?

目標や夢ありますよね?

愛する人がいますよね?

心配ごとはありますよね?

 

 

彼女たちだけが何か特別なヘンテコリンな理由を持っているわけではありません。

みなさんが普段抱いている感情を抱いて働いています。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

2回分を読んでいただき、「風俗嬢は異端な存在ではないかも?」と思っていただけたでしょうか?

 

もし、あなたがそう思っているのなら、私は達成感と困惑が半分ずつの感情になります。

 

あなたが風俗嬢について偏見や異端視する目が少しでも消えたのなら嬉しいですが、この2回の配信ではある疑問が残るはずなのです。

 

 

だからといっても性風俗で働かなくてもいいのに。

 

これです。

「なぜあえて性風俗なのか」そこに疑問を感じてほしい。

 

なぜ同じように欲しいものがあったり、趣味があったり、目標がある中であえて風俗を選んだのか。

そこが最大の彼女たちが異端視されるポイントだと私は思っています。

 

そこを解明しないことには彼女たちの生き方に理解を示す人は増えないでしょう。

 

第三回以降は性風俗店というものが私たち風俗嬢にとってどういう場。空間、環境なのかをより詳しく解明していきたいと思います。

 

興味を持ってくださった方、まだ性風俗嬢に偏見のある方、是非次回以降も楽しみにしていてください。

 

片瀬うみ

片瀬うみ【教育・社会問題】

投稿者の過去記事

私は現役大学生であり、現役風俗嬢です。
異端視されやすい性風俗業界ですが、
私は性風俗業界はこの日本社会の縮図であると思っています。
性風俗業界を通して学べる日本社会の問題点がたくさんあるはずです。
それらについて皆様と共有し、私たち若者が作り上げていく社会に対し、
思考を深めるひとつのアプローチになることができれば嬉しく思います。

ピックアップ記事

  1. 前編では京都大学で活動している「同学会」という団体について、その活動や思いについて触れてきた。…
  2. 新歓のやかましさも過ぎ、新学期の高揚感も過ぎて、学内を歩いて…
  3.  大学の新学期2017年度がはじまり一月ほどが経った。 新入の学部生、まず、おめでとうございます…
PAGE TOP