性別を越境して見える世界

こんにちは。いきなりですが、著者は女性として生まれ、男性として生活をするようになった「トランスジェンダー」です。「性同一性障害」「GID」などとも呼ばれます。

「トランスジェンダー」とは「ジェンダー」社会的性別を「トランス」越境する、したという意味です。個人によって、体の性別、社会的性別への違和感は様々で、それぞれにおかれた状況も千差万別であるため、一概に「トランスジェンダーはこうだ!」とは言い切れないのですが、あくまでもトランスジェンダーの1人として、見えてきた世界をお伝えしたいと思います。子ども

1. トランス前(女子だった頃)
・自分はいつか男になるんだと信じて疑わない。
・二次性徴で絶望する。
・「なぜ自分はこんなに男になりたいのに、お前らなにもしないのに男なんだ!むかつく!」という理論で、世の中の男性をひがむ。
・幼少期から違和感や苛立ちがあるが、その理由が自分でもわからず、暴力的になることがある。

2. トランス中(男性ホルモンで男性化、胸を取る手術、名前改名の途中)
・見た目は男性化してきているため、名前(女性名)を呼ばれる度に「あいつ女なの?」と注目される。
・トイレは男子トイレも女子トイレも落ち着いて使用できない。
・見知らぬ人にいきなり「お前、男?女?どっち?」と聞かれる。
・声を発することが嫌で、口数が減ったり、わざと低く声を出す。(声変わり前)
・胸が目立たないような服を選んだり、猫背になる。
・わざとがに股で歩くなど、男っぽさ?を無意識にアピールしようとしてしまう。

3. トランス後(男性として社会的に安定して生活)
・自分がトランスジェンダーであることを忘れる。
・笑顔が増える。
・男性を信頼できるようになる。
・女性から「異性」として接されることに戸惑うことがある。

私はトランスして、完全に男性として過ごすようになってから6年近く経ちます。つまり、社会的男子としての経験値は小学校入学程度(笑)やっと自分自身の男としてのアイデンティティが落ち着いてきたなと感じています。自分の性別のアイデンティティは、自分の中で育つわけではなく、自分の身の回りから認められて育つのだということを実感しました。
男性として生きるようになって、ありのままの自分で胸を張って生きるってこんなに幸せなんだ、体と心が一致している感覚ってこんなに楽なんだ、ということに気付きました。逆に言えば、今までどれだけ苦しい思いを抱えて生きてきたんだろうということを人生の序盤を振り返りながら感じます。「自分が男である」という当たり前さえ掴めなかった時期を思えば、どんなに辛い状況や理不尽なことも「大したことない」と思えます。それくらい、「自分の性別」というものは自分のアイデンティティの核を占めているのです。それが毎日揺るがされる、というのは、経験したことのない人には想像つかない苦しみであると思います。トランスジェンダーはゴールではなく、スタートだと思っています。やっとスタート地点に立てたという感じ。

ちなみに、私は今も戸籍の性別は「女」のままです。現在は、戸籍の性別を変更するには厳しい条件があります。その中の1つに「性転換手術をしている」という条件があります。金銭面での負担、身体面での負担が大きい手術が、戸籍の性別を変える条件になっていることは人権侵害なのではないかと感じています。

現在私は、過去の自分、女性で生まれた自分を受け入れることができるようになりましたが、それまでに多くの時間がかかりました。様々な状況の当事者がいます。自分の望まない性別で暮らしながら悶々としている人。経済的に治療が困難な人。望む性で生活できるようになったが、過去の人間関係や家族と縁を切って暮らしている人。当事者同士のつながりのみに居場所を見出し、なかなか当事者以外の人間関係で自分を出せない人…それぞれ様々な事情を抱えていることが多いです。特に、学校生活や社会生活に支障が出る場合が多いこと、治療に保険は適用せず膨大な金額がかかることから、貧困の問題とは常に隣り合わせなのです。また、長期間のストレスから鬱や適応障害などの二次障害を引き起こす場合も多いです。自分の心の性別を否定されることは、自分自身を否定されることとほぼ等しいからです。特に身近な人、家族や友人などから否定されることで心を閉ざしてしまう当事者は多いです。また、地方での医療機関が少ない、教育現場での理解が進んでいない、法律の整備など課題は山積みです。

この記事を読んでくださったあなたの友人の中にもトランスジェンダーの方がいらっしゃるかもしれません。いてもいなくても、これを読んでくださったあなたの心に少しでも留めていただければ、世界は少しずつ変わっていくと信じています。

菅野 陽希

菅野 陽希【教育・LGBT・政治】

投稿者の過去記事

女子で生まれた男性教諭(特別支援学校)の日々の考察。「LGBT」「教育」ネタを中心に、政治のことも勉強中。好きな自分で生きられる社会、誰も排除されない社会、多様な個が共存できる社会に近付けるためにはどうすればいいか?皆さん一緒に考えていきましょう。

ピックアップ記事

  1.  大学の新学期2017年度がはじまり一月ほどが経った。 新入の学部生、まず、おめでとうございます…
  2. 出町柳駅すぐのバス停で、バスに乗り、ゆられること30分。そこには都会の喧騒から離れた、自然が豊か…
  3. 4月、出会いの季節。今年も多くの新入生が、大きな期待を胸に大学へ入学した。&nbsp…
PAGE TOP