【準備と行動】平成28年熊本地震 今、私たちにできること

 

こんにちは、みなさん元気に過ごされてますか?

 

4月14日21時26分、熊本県熊本地方でM6.5の「平成28年熊本地震」が発生しました。

 

その後も余震、そして本震が発生し、最初の地震では倒壊しなかった建物が、度重なる地震により倒壊、ひび割れを起こしている現状にあります。

 

全国各地で、「何かできないか」という気持ちがあふれている中、私は高校生の時に所属していた復興支援団体Teen for 3.11のOBOGメンバーや、東日本大震災の時に支援に行っていた団体やメンバーを中心に、

 

Youth action for KumamotoというFacebookページを立ち上げました。

 

熊本

4月17日0時現在で1100人を超えるコミュニティとなり、

 

熊本・大分を支援したい人のための情報
同時に、被災している人が必要であろう情報を纏め、更新し続けています。

 

ここでは、先遣隊と呼ばれるNPO/NGOの方々や専門家の方からの情報を収集しており、彼らの方の助言に沿いながら、過去に災害支援を行った経験のある人間や、防災に関する有資格者が中心となって動いています。ですので、熊本や大分の現状を知りたい方、今だからこそ地震について知りたい方は、このコミュニティをフォローしていただければ良いかと思います。

 

(FacebookページURL:https://goo.gl/EbCcKl

 

その他、Facebookで流れゆく情報を追うのは厳しい、でも、知りたいと思ったときには、被災地と繋がりたいという方。

 

以下の分類に沿って参考サイトを参照すると良いかと思います。

 

 

①まず、全体の情報が知りたい。

 

スクリーンショット (112)



NHK NEWS WEB にて、通常TVで放送されるNHKニュースを、web上で随時同時提供しておりますので、信頼の置ける情報を纏めて入手したいという方は、こちらから放送をご覧になることをお勧めします。

災害が起こったら、やっぱりNHKは強いのです。

特に、NHK WORLD TV Liveでは、日本語、英語をはじめ18言語に対応していますので、身の回りに「情報を得たいが日本語が分からない」という海外の方が居ましたら、こちらを教えてあげてください。

 

 

②特に、熊本の情報を知りたい。

 


 

直接、熊本県防災情報ホームページをご覧になることをお勧めします。

ここでは被害状況に限らず、被害情報やライフライン、ボランティアセンターの開設状況など、支援したい人の情報としても良いかと思います。

 

③今、どんな防災ができるのか。

 

まずは、今すぐその場でできることとして、「東京防災」という、災害発生時から生活の再建時までを範囲としたシミュレーション資料がございますので、そちらをご覧になり、物資と心の準備を完了しておくことをお勧めいたします。

・ 避難生活 [PDF] 
生活再建 [PDF]


「東京防災」という名前になっておりますが、東京に限らず、地震一般に関して有用な豆知識で溢れています。実際に、私もかつての避難所で、トイレが使えない、皿がない、おむつが足りないといった中で、「東京防災」の情報に助けられたことを覚えています。

 

④すぐ、支援に行きたい。

 

通常ボランティアは、社会福祉協議会の設置するボランティアセンターを通して現地で活動をしていくパターンが多いのですが、今回の平成28年熊本地震に関しては、

 

依然として余震が続いているため、
ボランティアセンター開設の見込みが立っていない現状にあります。

 

また、現段階で、災害支援や災害派遣を行っている一部のNPOやNGOは、二次被害を警戒し撤退の動きにあります。

「ボランティアに行きたい!」と思ってくださっている方、全国各地にたくさんいらっしゃると思いますが、一部報道にもあった通り、無計画なボランティア受け入れは現場の混乱の原因となってしまうこともあり、また、「自分に何かできる!」と過信して行った結果何もできなかったり、物資持って行ったのに被災地域には辿り着けず、被災地外で「ちょっと引き取っておいて!」という事態に陥ることも多々あります。

 

そのため、あともう少し、1週間ほど様子を見ながら、支援に行ってください。

 

あなたの力が、最大限発揮されるタイミングで、支援に行くように心がけ、今は、そのための準備を進めてください。

 

 

⑤すぐ、どこに何が在るのか知りたい。

 

スクリーンショット (114)

 

これに関しては主に被災地に居る方向けの情報となります。

給水、配給、空いているスーパーなどについてgooglemapに纏めております。

随時新しい情報が入り次第更新していますので、是非、お役立てください。

 

熊本県内の避難所一覧:https://goo.gl/VXBEFj
透析施設マップ:https://goo.gl/u2DcNh
給水情報:https://goo.gl/WvMFgv
営業中のスーパー:https://goo.gl/1ooSqP
ガソリンスタンド:https://goo.gl/LmCbld
炊き出し、支援物資集積地:https://goo.gl/Uw6kjr
入浴可能な銭湯・温泉: https://goo.gl/zvjMpq
避難所から寄せられている声:https://goo.gl/kteRDH
災害トイレhttps://www.google.com/maps/d/u/0/v…
スマホ、携帯の充電場所:https://goo.gl/hdITYt

 

===

 

ばばばと情報を載せました。

 

地震のような天災に向かっては、色々な思いを抱く人が、それぞれ居るかと思いますが、それでも皆さん、私も含め、1分1秒でも早い事態の収束、また、復旧復興を願っていることに違いはないと思います。

 

熊本、大分をはじめ、九州にいらっしゃる方々。かなり長期戦になるとは思いますが、一緒に遠隔地から支えていこうとしている若者がたくさんいる事を忘れないで欲しいと思います。

 

遠隔地にいながら被災地を思う方々。状況が整い次第すぐにボランティアへ行けるように準備しておくことであったり、今できる事を最大限に、でも、無理のないように頑張って欲しいと思います。

 

こんな時こそ、笑顔を大切に、みんなで手をつないでいきましょう。

 

武田彩

武田彩【防災・復興】

投稿者の過去記事

防災・支援団体「彩り」の武田彩です。少しずつ災害や防災、そして復興のことを書かせていただきます!なかなか触れない分野だと思いますが少しでも身近に感じてもらえるように、伝えられるように頑張りますので読んでください!お願いします!

ピックアップ記事

  1. 前編では京都大学で活動している「同学会」という団体について、その活動や思いについて触れてきた。…
  2. 新歓のやかましさも過ぎ、新学期の高揚感も過ぎて、学内を歩いて…
  3.  大学の新学期2017年度がはじまり一月ほどが経った。 新入の学部生、まず、おめでとうございます…
PAGE TOP