可愛い女と賢い女、結局どっちがいいのよ!?

私事で恐縮ですが、先日、平たく言えば失恋をしました。あ、今は完全復活したのでお気遣いなく。その後男友達に愚痴っていた時、「お前は強すぎるんだよ」と言われ、ある事件を思い出しました。秋元康さん作詞のHKT48の新曲「アインシュタインよりもディアナ・アグロン」が女性蔑視だとして炎上した事件です。

NMB48-74億分の1の君へ-c-300x296

シングル「74億分の1の君へ」(ユニバーサルミュージック)

問題の曲の歌詞の一部がこちら。

アインシュタインよりもディアナ・アグロン

難しいことは何も考えない
頭からっぽでいい
二足歩行が楽だし
ふわり軽く
風船みたいに生きたいんだ
女の子は
可愛くなきゃね
学生時代は
おバカでいい
今 一番 大切なことは そう
キャピキャピと
音が聴こえることでしょう?
アインシュタインより
ディアナ・アグロン
テストの点以上
瞳(め)の大きさが気になる
どんなに勉強できても
愛されなきゃ意味がない
スカートをひらひらとさせて
グリーのように

「アインシュタイン」と「ディアナ・アグロン」が表しているのは、それぞれ「知性」と「容姿」。女の子にとって、「賢さ」と「可愛さ」どちらがより大切なのかをこの曲は説いているわけです。

私は今、早稲田大学政治経済学部で政治や経済、国際関係について学んでいます。勉強は好きですし、本も読みます。数学は得意ではないですが、アインシュタインかディアナ・アグロンかで言えば、自他共に認めるアインシュタイン系女子。今回は、そんな現役”アインシュタイン系女子大学生”の私がこの件に関してどう考えたのか、身近なケースも含めながらお伝えしようと思います。

まず歌詞を全て拝見しましたが、率直に言えば「事実だな」と思いました。
私がこの歌詞を(その状態が果たして正しいかどうかは全く別として)「事実だ」と率直に思った理由は大きく分けて二つあります。

 

一つ目は、「難しいことは男がやるから、女は黙ってそれに従うべき」「男は女に負けるべきでない=女は男に勝つべきでない」という潜在的な刷り込みが確かに存在することです。私は高校一年生の時にボランティア団体を立ち上げ、それ以降様々な活動を行っていますが、自分の周りの活動家を見ても女の子は圧倒的に少ないです。大学では政治ディベート系のサークルに入っていますが、女の子の数は約一割。自分の意見をはっきり発することのできる女の子にはなかなか出会えません。ある男友達は、「自分よりも仕事で成果をあげたとき、男の同僚なら素直に尊敬できるけど女の同僚だと何だか鼻につくし自分が恥ずかしくて情けない気持ちになる」と言っていました。これは男性あるあるなのかもしれません。この発言にはまさに「男は女に負けるべきでない」という価値観が透けて見えますね。

 

二つ目は、男性が女の子を評価する時に容姿を基準とすることが多いということです。言うまでもなく、容姿は重要です。「人は見た目が9割」とも言いますし、それは男性も女性も同じです。でも殿方の話を聞いていると、異性を評価する上で「容姿」の占める割合が男性と女性では違うように感じます。実際、マイナビが2009年に行った「恋人に求める条件ランキング」では、以下のような結果になっています。

Q、恋人を選ぶ際の外せない条件は?

男性
1位 優しさ 71.1%
2位 ルックス(顔) 49.2%
3位 素直さ 48.7%
4位 誠実さ 48.2%
5位 安心感 39.6%
女性
1位 優しさ 71%
2位 誠実さ 67%
3位 安心感 59%
4位 頼りがい 53%
5位 金銭感覚の一致 42%

なんと!驚いたことに、女性ではルックス(顔)が5位以内にランクインしていません(7位)。女性は恋人をを選ぶとき、「性格」と「お金」、副次的に「容姿」と三つの軸で男性を測っているのに対し、男性は「性格」「容姿」と二つの軸となっています。総合的に見て、男性の女性に対する評価は容姿にフォーカスしている傾向にあると言ってよいでしょう。

ドラマ「glee」でクイン・ファブレーを演じるディアナ・アグロン ドラマ中でクインは、当初は自分には容姿しか取り柄がないと考え皆の憧れであるチアリーダーを務めるが、容姿を維持するプレッシャーに耐えかねて避妊なしの性交渉に及ぶも、子供を産んだ後に勉学に励み名門イエール大学に進学する。

ドラマ「glee」でクイン・ファブレーを演じるディアナ・アグロン
ドラマ中でクインは、当初は自分には容姿しか取り柄がないと考え皆の憧れであるチアリーダーを務めるが、容姿を維持するプレッシャーに耐えかねて避妊なしの性交渉に及ぶ。しかし子供を産んだ後に勉学に励み、妊娠の経験をエッセーにし名門イエール大学に進学する。

加えて、現在の男性が中心となって設計されている日本社会において、重要な決定をするのはほとんどが男性であり、女性が「評価対象」であることが多いのは明らか。要するに極論を言えば、容姿の良くない女性に与えられるチャンスは減るわけです。

就職活動においても、見た目は重要なようです。先日、友人のバイト先の先輩が漏らした言葉が私たち一年生を戦慄させました。

「就活も結局、女は最後は見た目。だって中身をよく知る前に面接は終わっちゃうもん。」

うーん、確かによく知らない男性2人でどちらかを選べと言われれば、私も容姿のいい方を選んでしまうかも。ただ、同じことが就活で行なわれていると思うと、恐ろしい限りです。

内閣府男女共同参画局の資料によると、上場企業3,608社の役員等計41,973名のうち女性は515名であり,その割合は1.2%です。正直、私は自分が就職できるか心配になりました。最終的には容姿で評価されるのだとしたら、私たちが勉強する意味は一体どこにあるのでしょうか?学校の先生や親が「勉強しろ」というのはなぜ?言われた通りに勉強しても何にもならないのなら、『どんなに勉強できても愛されなきゃ意味がない』という歌詞のまんまじゃないの?

歌詞のように、女の子は容姿が悪いとオワコンなのかもしれない。可愛くないと存在価値がないのなら、勉強なんてしないでつけまつげを上手につける練習をしたほうがいいのかもしれない(ちなみに私は人生で一度もつけまつげをつけたことがありません)。でも、本当にそれでいいのでしょうか?私たち女の子は、男性に媚びるために生まれてきたのでしょうか?

確かに、女性は力仕事では男性にはどうやっても勝てません。でも、力仕事が生きていくための術だった古代から時代は進み、産業革命が起こり、インターネットが誕生し、女性の強さである繊細さやコミュニケーション能力が大きな意味を持つ時代になってきました。21世紀は、可愛らしさ以外にも女性に存在価値のある時代です。

映画「マイ・インターン」でキャリアウーマンの女性を演じたアン・ハサウェイ

映画「マイ・インターン」でファッションサイト会社のCEOの女性を演じるアン・ハサウェイ

 

社会の変化を受け、男性も独立した女性を評価し認めるべき時が来ているはずです。「女性に負けるのは恥ずかしい」という気持ちから女性を押さえつけるのではなく、もっと自信を持って、女性と対等に真剣勝負をしてみてはいかが?

 

私は、自分の生活、将来、そして希望を自分自身の手で守るために、毎日勉強に励んでいます。
アインシュタイン系女子であることを心から誇りに思いますし、この道を貫きたいと考えています。

 

 あなたはディアナ・アグロンとアインシュタイン、どっちを選びますか?

 

画像元:
http://www.uta-net.com/user/writer/todaysong.html?id=6712
http://pcwallart.com/
http://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-3184163/
http://news.mynavi.jp/

冨田 夏美

冨田 夏美PIPS JAPAN 創設者・代表

投稿者の過去記事

早稲田大学政治経済学部国際政治経済学科一年生。外国人観光客に学生が外国語で無料の観光ガイドを提供するボランティア団体 PIPS JAPAN 創設者・代表。2016年5月にNHKスペシャル「18歳からの質問状」に出演したことをきっかけに、若者と社会問題をつなげるために自分にできることはないかと思い、SeiZeeライターに。その他にも2つのレギュラーラジオ番組を持ち、TEDxKids@Chiyoda 2014 Kids Speakerも務めるなど、メディアでも幅広く活動中。お問い合わせは 、tomitanatsumi.jacqueline@gmail.com まで。人生相談・恋愛相談・進路相談・記事に関する意見などなど、お気軽にどうぞ!

ピックアップ記事

  1. トランプや安倍総理の言動や移民問題、ヘイトスピーチに沖縄の基地問題、今では森友学園の話題など、現在の…
  2. 「日本が好きだ。当たり前だ。日本に生まれて、日本で育った。だって僕は日本人なのだから。」…
  3. 類聚=同じ性質・種類のものを集める前回少し平安時代の話をしましたが、平安時代の古典には「○○類聚…
PAGE TOP