風俗嬢とは誰なのか。—① -日本の風俗嬢の人数から考える-

 

 

こんにちは、現役大学生で現役風俗嬢の片瀬うみです。

 

いきなりですが質問です。

 

 「風俗嬢」とは皆さんにとってどのような存在ですか?

 

「身近にはいないなぁ」そう思われる方のほうが多いのではないでしょうか。

私自身も自分が風俗嬢になるまで、風俗嬢とはとても遠い存在で何か道を踏み外した限られた人たちがなる仕事だと思っていました。

 

しかしいまの私は、風俗嬢たちがこの記事を読んでくださっている皆さんと大きな違いがある人間ではないことを知っています。そのことについて回を重ねるごとに皆様にお伝えできればと思いますので、今後ともお読みいただければ幸いです。

第一回の今回は、

風俗嬢として働く人の数について知ることで、彼女たちが決して皆さんと遠い存在ではないこと

をお伝えしたいと思います。

 

 

まず、日本の性風俗店を掲載しているウェブ媒体の中でも特に幅広いエリアの性風俗店を網羅している媒体で、荻上チキ・飯田泰之著「夜の経済学」(2013/9/29発行 扶桑社)にも登場する‘MAN-ZOKU net’をみてみましょう。( http://www.manzoku.or.jp )

 

この媒体は性風俗店を利用するお客だけでなく、ライバル店をチェックするために風俗店スタッフも使用しており、情報量としてはかなり信頼できるようです。(補足:ヘブンネットという媒体も同じぐらい人気の媒体である。主に関西圏で知名度が高い。)

MAN-ZOKU netでは2015年7月2日現在、掲載店舗数19,000店舗、掲載女の子数169,747人となっています。しかしこれにはキャバクラなども含むので、性風俗店つまり「性的サービスを提供するお店」に絞ると、8453店舗(夜の経済学より引用)となります。(ヘブンネットでは8717店舗)

実際には日本の全ての風俗店がこのウェブ媒体に掲載しているとは限らないので、もう少し多い可能性が高いです。これに関して夜の経済学の中で予測がされています。性風俗関連特殊営業の届出と比較し紐解くと、約1万店舗の風俗店が日本にはあると考えられます。

また各風俗店から平均在籍人数を計算し、1万店舗と掛けると、日本の風俗嬢の数は約30万人と計算できます。30万人とは、福岡県久留米市の人口302,768人(2014/10/1現在)と同じぐらいの数です。

あれ?わかりにくいかな?

身近な職業で表すと、中学校の教員数(本務者)が254,235人ですので、中学校の先生よりも多いということです。

 

この数字を見たときに、

 

結構風俗嬢ってたくさんいるんだなぁ

 

という印象を私は持ちました。

是非何か分かりやすい例えに置き換えて人数を考えてみて下さい。少ないなぁという印象にはなりにくいのではないでしょうか。

 

この記事を読み進める前に「身近に風俗嬢はいないなぁ」と思っていた方も、人数的な意味であなたにとって風俗嬢は意外と近い存在だと少しでも感じていただけたでしょうか?

今回は人数的な意味で少しでも私たち風俗嬢を身近に感じてもらえたら、私の中でのミッションはクリアです。笑

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

片瀬うみ

片瀬うみ【教育・社会問題】

投稿者の過去記事

私は現役大学生であり、現役風俗嬢です。
異端視されやすい性風俗業界ですが、
私は性風俗業界はこの日本社会の縮図であると思っています。
性風俗業界を通して学べる日本社会の問題点がたくさんあるはずです。
それらについて皆様と共有し、私たち若者が作り上げていく社会に対し、
思考を深めるひとつのアプローチになることができれば嬉しく思います。

ピックアップ記事

  1. 4月、出会いの季節。今年も多くの新入生が、大きな期待を胸に大学へ入学した。&nbsp…
  2. トランプや安倍総理の言動や移民問題、ヘイトスピーチに沖縄の基地問題、今では森友学園の話題など、現在の…
  3. 「日本が好きだ。当たり前だ。日本に生まれて、日本で育った。だって僕は日本人なのだから。」…
PAGE TOP