「スポーツ」から見る2015年【水野翔太】

アドベントカレンダー企画13日目です!

 

師走と言われる12月を迎え、寒さも本格的と言ったところですが、

今年のスポーツ界はとにかく熱かった!!

私は普段、地方創生や政治に関する記事を書いていますが、なぜ、今回「スポーツ」を取り上げるのか。私的な理由で大変申し訳ないのですが、私は小さいからサッカークラブに所属していたり、休日は叔父と草野球チームに所属していたり、実は高校時代には陸上競技の競歩で全国大会にも出場している背景があったからです。また、今年の東京マラソンにも出場していたりと(記録は散々でした(笑))常に「スポーツ」というものが生活と接していたためであります。

さて、そんな私が選ぶ、熱かった!2015年スポーツを取りあげていきましょ!

 

第3位~「水泳」界のレジェンド~

4月4日、100歳になる方が世界で初めての偉業を達成しました。

長岡三重子さん(100)が、1500メートル自由形を1時間15分54秒で泳ぎ、100歳以上として世界で初めて1500メートルを完泳したのです。

驚くの一言でした。

lgf01a201406202200

しかし、記録以上に驚くことがあります。

世界記録を樹立するくらいなので、さぞかし、小さい頃からバリバリ水泳をやり、様々な記録を持っていると思っていたのですが、長岡さんが水泳を始めたのは、80歳からなのです。しかも理由も痛めていた膝のリハビリのためです。

リハビリで始めた競技で世界記録樹立とは字を見るだけで興奮します(笑)

今では、100歳区分女子100メートル背泳ぎの世界記録をはじめ、26種目の世界記録を保持しております。

目標が常にあれば、確かに体は正直かもしれませんが、年齢なんて関係ない感じさせられます。長岡さんには、長生きはもちろん、これからの素敵な「競技人生」を送っていただきたいなと思います。

本当に素敵です!!

 

第2位~マイナー競技にスポットを!~

スポーツには私たちが知らない種目、つまりマイナーなものがたくさん眠っています。そんな中、今年、そんな「マイナー」だけど聞いたことはある。という種目にスポットが当たりました。

それは「競歩」です。

今年の3月14日、石川県で開催された全日本競歩能美大会における男子20キロで富士通の鈴木雄介選手が1時間16分36秒の世界最高記録を達成したのです!

趣味でマラソンをやっている方が走っても負けてしまうくらい速く、なんと、1キロ4分未満で「歩いて」いるのです。(マラソン走ったことがある方はちょっと比較もできるかと思います。)

また、8月29.30日に開催された、世界陸上北京大会男子50キロ競歩でも、自衛隊の谷井孝行選手が3時間42分55秒で3位となり、日本競歩界初のメダリストとなりました。

私は経験者のため、このすごさがわかるのですが、伝わりますでしょうか?(笑)とにかく普通に走るよりも速いのです!歩く競技なのに一般マラソンランナーより速い、もしかしたら脳内が混乱しているかもしれませんが(笑)

thXGIRRWBP

また、競歩ただ「歩く」だけではなく、様々なルールも存在します。あまり詳しく解説すると、第1位に移れませんので簡単に説明をしますと、1つに、常にどちらかの足が地面に接している必要があります。走るときは一瞬両足が浮きます。しかし、競歩は常にどちかの足が接地していないといけないのです。もう1つに、前脚は接地の瞬間から地面と垂直になるまで膝を伸ばす、つまり接地時に、膝が曲がっていてはいけないのです。

私たちが普段歩いている形だと「競歩」という競技では、反則扱いとなってしまうのです。

そんな「競歩」これからも目が離せません!

 

第1位~日本に旋風が!!~

最初からバレていたかもしれませんが、やはり第1位はラグビーですね!!

五郎丸ポーズは流行りましたね~

2015年ラグビーワールドカップイングランド大会初戦の9月19日、日本代表は過去2回の優勝を誇る強豪南アフリカ共和国に34対32で勝利。ジャイアントキリングが少ないラグビーでは大変な話題となりました。そもそも格下のチームが各上のチームに勝つことが少ないラグビーにはジャイアントキリングという言葉も存在しないみたいですが。

それだけ、大きな相手を倒したことになります。イングランドには負けてしまいましたが、サモア、アメリカも破り日本代表史上初ワールドカップにて3勝をあげました。ちなみに、予選で3勝をあげたチームが決勝トーナメントに進めなかったのも史上初みたいです。

sanyo2

私も正直、ルールが分かっていないところもあるのですが、そのラグビーワールドカップが2019年に日本にやってくるのです!

私の地元である愛知県の豊田市、豊田スタジアムが会場になっていたり、東日本大震災の被災地でもある岩手県釜石市も会場に指定されております。

この旋風を2019年日本大会で爆発させ、日本代表初の決勝トーナメントに進出してほしいものです。

 

この1年、皆さんにとってどんな1年でしたでしょうか?

私は2月に京都マラソンに出場しますので、これからもスポーツを身近に、健康第一で過ごすことができればなと思いますとともに、引き続き、多様な視点で物事を発信をしていければなと思います。

水野翔太

水野翔太【政治、社会、教育、文化政治】

投稿者の過去記事

言葉で様々な人に想いや意見を伝えていく。これは大変難しいことだと思います。しかし、言葉でしか伝わらないこともあります。私は政治や社会のこと地域のことをピックアップしていき、そのなにか、見えないけど感じ取れるものを皆さんに届けていき、議論もしていきたいと思います。
Facebook:https://www.facebook.com/shota.mizuno.neoT
witter:@NeoShota

ピックアップ記事

  1. トランプや安倍総理の言動や移民問題、ヘイトスピーチに沖縄の基地問題、今では森友学園の話題など、現在の…
  2. 「日本が好きだ。当たり前だ。日本に生まれて、日本で育った。だって僕は日本人なのだから。」…
  3. 類聚=同じ性質・種類のものを集める前回少し平安時代の話をしましたが、平安時代の古典には「○○類聚…
PAGE TOP