2016年は何が起こる予定?1~3月編

2016年が始まって4日ほどが過ぎました。

今年はどんな1年になるでしょうか。

今年に起こるであろう出来事、記念日などをいくつかピックアップしてみました。

皆さんの気になるトピックはあるでしょうか?

 

1月1日 マイナンバー制度が開始

pay-937881_1280

世間を騒がせていたマイナンバー制度が、この1月から運用開始を迎えています。「マイナンバー制度」というのは通称で、正式には「社会保障・税番号制度」といいます。社会保障、税、災害分野など様々な分野で活用が予定されているため、多くの人にとって最も重要で身近な話題と言えるでしょう。

 

1月13日~3月10日 鎌倉大仏、半世紀ぶり修理

800px-Kamakura_Budda_Daibutsu_front_1885

神奈川県鎌倉市の鎌倉大仏(国宝銅造阿弥陀如来坐像(あみだにょらいざぞう))の全面補修が、今年の1月13日~3月10日に行われます。鎌倉大仏を本尊にする高徳院(佐藤孝雄住職)によると、大規模工事は1959~61年の「昭和の大修理」以来となるそうです。期間中は拝観できないので注意が必要です。

 

1月16日 台湾総統選挙

7dd54b314b3a567319ce58f258d99adc_thn

2016年中華民国総統選挙が、1月16日に行われます。台湾では各種選挙における投票意識が高いことが特徴ですが、過去五回の総統選挙における平均投票率は77.9%と、とりわけ注視されているといえます。今回も争点となるのは中国との関係性で、それぞれの候補が外交においてどういう立場をとるのか注目されています。なお、同時に副総統も決定されることになります。

 

1月22~24日 ジャパンエキスポ タイランド2016

11891269_507329122780789_179527595468829547_n

音楽、ファッション、食、アニメなど、アジア最大級の日本文化の祭典として、タイでの第2回の開催を迎えます。一昨年の第1回は約25万人を動員しましたが、今回も日本から多くのゲストが参加する見込みとなっています。昨年8月のバンコク市内での爆発事件により延期となっていましたが、この1月に開催される事になりました。

2月27日 ポケットモンスターシリーズ発売20周年

poke

1996年2月27日に第一作「ポケットモンスター赤・緑」が発売されてから今年で20年を迎えます。原作のゲームはもちろん、アニメ、映画などさまざまなジャンルで多くの人気を集め、世界中で多くのファンを持つポケモンは、今や一大ジャンルとしての地位を確固たるものとしています。20年の節目に際してメインシリーズの新作が発売されるとの噂もありますが、どうなるでしょうか。

 

3月3日~24日 ニュージーランドの国旗変更を問う2回めの住民投票

ResizedImage600381-1832-CBB-Stats-670x425-Ref-Two-phase

ニュージーランドの国旗がオーストラリアの国旗とよく似ていることはよく知られていましたが、その改正を問う国民投票が行われる予定です。3月に行われるのは、多くの応募作品の中から選ばれた写真左の案と、右側の現行の国旗との択一投票です。現行の国旗は1902年に決定されたもので、既に国旗として広く定着していることから支持も多く、接戦となることが予想されています。

3月11日 東日本大震災から5年

onagawamatitaoretabiru

この5年は長かったでしょうか、それとも、短かったでしょうか。

2011年3月11日の東日本大震災から、今年で5年を迎えます。地震や津波の被害も甚大なものでしたが、福島第一原子力発電所の事故も世界に衝撃を与えました。依然として日本における最重要課題である復興および原発政策は、私たち市民こそ当事者として注視していかなければならない問題です。

3月26日 北海道新幹線(新青森駅~新函館北斗駅)開業予定

image.jsp

採算がとれるのかなどで大いに不安視されていますが、北海道初の新幹線ということで大いに注目が集まっています。東京から函館までの直通運転が可能になる見通しで、新たな交通手段として成功できるか注視したいところです。あらたな列車名は「はやぶさ」・「はやて」の2つで、東北新幹線で運用されている「E5系」と、これをベースとした新型車両の「H5系」が運用されます。

 

3月 ホンダの新型燃料電池車がリース販売開始

honda-clarity-fuel-cell-053-1

2015年の東京モーターショーで公開されたホンダの「CLARITY FUEL CELL」が2016年3月から官公庁および法人向けにリース販売される予定となっています。既に市販されているトヨタの「MIRAI」と比較しても性能は高いと言われ、「環境にやさしいクルマ」の分野がますます活性化することが期待されます。なお、もちろん「CLARITY FUEL CELL」も一般向けへの販売が計画されています。

 

seizee編集部

seizee編集部

投稿者の過去記事

当メディア『SeiZee』の編集部です。
「読んだらちょっと、考えちゃう」をテーマに記事発信しています。

昨年末から、モスク、競馬場などへのインタビューに力を入れています。

ピックアップ記事

  1.  大学の新学期2017年度がはじまり一月ほどが経った。 新入の学部生、まず、おめでとうございます…
  2. 出町柳駅すぐのバス停で、バスに乗り、ゆられること30分。そこには都会の喧騒から離れた、自然が豊か…
  3. 4月、出会いの季節。今年も多くの新入生が、大きな期待を胸に大学へ入学した。&nbsp…
PAGE TOP