未来のジャーナリストが大胆予測~2016年・今年の漢字~

 

若手ジャーナリスト3人の選ぶ今年の漢字

今日はジャーナリズムを大切にされているライターさんのセレクトをご紹介します。
大間千奈美さん、田添聖史さん、中田直志さんの3人です。

 

1人目・大間千奈美さん

大学二年生で主専攻はジャーナリズム、マイナーとして政治学や国際関係論を学んでおられます。

8月からアメリカのインディアナ州、リッチモンドに留学中。

アメリカ社会の声に寄り添った良記事を多数執筆されています。

過去記事はこちらから
→http://seizee.jp/author/chinami_daima

大間さん・新年のご挨拶
新年あけましておめでとうございます。
自分の身近なところにある新しい発見をひとつひとつ大切にして今年も過ごせればよいなと思います。
みなさんにとってわくわくした年になりますように。

_S__12943362

そんな大間さんの選ぶ今年の漢字です。

大穴 

大統領選があるから。
安保が通り、アメリカとの同盟関係にどう変化がおきるのか、どうなるにしろ影響力はあるのかなと。
TPPでコメを含め日本の一次産業はどうなっていくのか、注目が集まるのかもしれないとも思いました。

 

次点 

武力、経済力、さまざまな影響力が強さを目指して進む1年になるのかなと思って。

 

本命 

国とかナショナリティーって何なのか、今まで基準になっていたユニットが揺るぐような出来事が起きるのではないかなと思って。

【編集部コメント】
アメリカに留学されていることが、なるほどと納得のいく選考です。しかし、それが日本にもしっくりくることから日本がアメリカをはじめとするグローバル社会の中にあることを再認識させていただきました。

 

続いて、田添聖史さん

田添さんは、本格社会派フリーペーパーでのライター経験を経て、現在も取材を重ねられてます。

seizeeには安保、沖縄基地、少子化、就活など多様な問題について記事を執筆いただいています。

過去記事はこちらから
→ http://seizee.jp/author/satoshi_tazoe

 

田添さん・新年のご挨拶

記事の本数よりオピニオンの密度を重視しつつ、いっそう取材に邁進したく思います。

 

そんな田添さんの選ぶ今年の漢字です。


大穴 

政府も世間も長々と目標に掲げるけど達成されない女性の活躍する社会がそろそろ達成されてほしいなということで。

 

次点 

来年の課題は世界との交流で日本がどう存在感を示すかになり、外交政策が一際重要になるかと思うので。
個人的には国内でも様々な視点の意見交換や友好が進めばいいと願っています。

 

本命 

選挙権が初めて18歳以上となる参議院選挙(もしかすると衆参両選挙)を始め、今年に連なる安全保障政策やテロ組織とどう向き合うかなど、様々な面で日本が選択を迫られる一年になると思うので。

【編集部コメント】
seizee全体のランキングでも上位に入った「選」の登場。
選挙のみならず、「選択」もかかっているとは。。選挙というのは選択なんだと改めて認識させていただきました。

 

 

最後は、中田直志さん

中田さんはアジア、特にミャンマーとのつながりが深いライターさんです。
seizeeにはミャンマー・アジアに関する記事を書いていただきました。
過去記事はこちらから
http://seizee.jp/author/naoyuki_nakata

中田さん・新年のご挨拶
当事者の視点を捉える「虫の目」をこれからも大事にしつつ、全体を捉える「鳥の目」、そして流れを掴む「魚の目」を意識しながら記事を書いていきたいと思います。2016年度もよろしくお願いします。

IMG_1631

そんな中田さんの選ぶ今年の漢字です。

大穴 

明るい年になって欲しいなという希望

 

次点 貿

貿易の「貿」ASEAN経済共同体が発足し、いよいよ動き始める年。
TPPもこれからどう動くか気になる

 

本命 

右翼派の政党が力をつける年だと思う。
その理由の1つとして難民・移民が大勢に移住し、それに対する反応がではじめると思うから。

また、アメリカの共和党トランプ氏の台頭もそれを匂わせる。

【編集部コメント】
本当に明るい1年になってほしいものです。
移民・難民の背後にある経済問題を打破する一手のヒントは東・東南アジアにはないか。。悩ましいですね。

以上三名のライターさんの選ぶ今年の漢字でした。
それぞれのライターさんの個性が光る、素敵なセレクトでした。
本当にありがとうございました!

次回は
『政治×??の選ぶ今年の漢字』(予定)です。

鋭意、編集中です。乞うご期待!

seizee編集部 島崎直人

seizee編集部

seizee編集部

投稿者の過去記事

当メディア『SeiZee』の編集部です。
「読んだらちょっと、考えちゃう」をテーマに記事発信しています。

昨年末から、モスク、競馬場などへのインタビューに力を入れています。

ピックアップ記事

  1. 4月、出会いの季節。今年も多くの新入生が、大きな期待を胸に大学へ入学した。&nbsp…
  2. トランプや安倍総理の言動や移民問題、ヘイトスピーチに沖縄の基地問題、今では森友学園の話題など、現在の…
  3. 「日本が好きだ。当たり前だ。日本に生まれて、日本で育った。だって僕は日本人なのだから。」…
PAGE TOP