政治系ライターが大胆予測~2016年・今年の漢字は?~

政治系ライターの選ぶ今年の漢字

未来のジャーナリストver. に引き続き、本日は第2弾・政治ライターver.です。

①今井郁弥さん ②斉藤亮太さん ③水野翔太さん ④木村紅葉さん

の4人のライターさんの選ぶ今年の漢字をご紹介します。

 

①【政治×NPO】今井郁弥 さん

~プロフィール~

「俺が斜に構えてるんじゃない。社会が斜めってんだ。」という気持ちで、社会の1側面を切り取って思ったことを率直に書きます。自分の価値観と照らし合わせてもらって、「たしかに、そうだね。」って思ってくれたら、、、友達になりましょう。

早稲田大学政治経済学部3年/NPO法人僕らの一歩が日本を変える。理事&広報/コピーライター/CROWD GOVERNMENT LAB研究員/松下村塾リバースプロジェクトプロデューサー/サイバーエージェントプランナー(見習い)

Tw: @dafuminem
FB:https://www.facebook.com/fumiya.imai1

若者と政治の出会いを生み出す、「NPO法人僕らの一歩が日本を変える。」理事など、多彩な活動をされている方です!

そんな今井さんの選ぶ今年の漢字は?

大穴 
そろそろ大地震がくる?ISの台頭で国際社会も揺れる?

次点 
安全だった日本社会が安保法案の改正やテロリズムの台頭によって変わってくるかもしれないから。

本命 
難民問題、ISのテロリズムなど良し悪し関わらず、来年は世界が革まる機会になると思うから。

【編集部のコメント】
シンプルですがダイナミックな漢字ばかり。。波乱の予感がします。

*今井さんより新年のご挨拶*

昨年は記事を読んでいただきありがとうございました。去年は年1でしたが、今年は月1くらいで発信していけるといいなぁ。

fist-424500_1920

 

②【政治×思想・哲学】斉藤亮太さん

~プロフィール~

SophyDia代表。
座右の銘である「まず疑ってかかるのが科学です」にしたがって、まず、すべてを疑ってみることから始めます。一緒に、すべてを疑ってみませんか。

いつも、思想・哲学から社会・政治に切り込む、新鮮な記事を頂いています!

そんな斉藤さんの選ぶ今年の漢字は?

大穴 
哲学の「哲」です。
字義は「あきらか。いい方ややり方が、ずばりと切れて、適切であること」です。哲学の著述と漢字の意味が一致していない気がしなくもないですが、気にせず。
哲学的取り組みーひとつのものごとを多角的に考察することーは、普遍的に重要なことだと感じます。大穴も大穴ですが、いつでも大切にしていたいものです。

次点 徳 
徳川家の「徳」です。
字義は「本性」。道「徳」の授業が特別な科目への格上げ、夫婦別姓や同性愛に代表される倫理道徳的な問題がますます議論されるようになる一年でしょう。
加えて、世界の秩序における偏った正義が原因でより多くの紛争が発生し一層「正義とは何か?」という道徳的な疑問が強まる年になる気がしています。

本命 
18歳選挙権の施行を受けて、社会が新たにわかものをまちづくりの仲間として迎え入れることを願い。

【編集部のコメント】
道徳や哲学といった社会の根底にあるべきものがないがしろにされないよう、そうしたものを考えることを生活の一部としていくような情報発信をしていきたいですね。

*斉藤さんより新年のご挨拶*

読者の皆様、本年もよろしくお願いします。大穴として挙げた「哲」。種々の角度から物事をみることが「普遍的に重要」と大きく出てしまいました(笑)
今年も一般的な見方とは違う観点を提案できるよう執筆して参ります。「そう考えるの!? え!?」みたいな形の記事を。
では、また!

bustos-756620_1280

 

 

③【政治×名古屋】水野翔太さん

~プロフィール~

名古屋わかもの会議創設者・総合統括/法政大学

言葉で様々な人に想いや意見を伝えていく。これは大変難しいことだと思います。しかし、言葉でしか伝わらないこともあります。私は政治や社会のこと地域のことをピックアップしていき、そのなにか、見えないけど感じ取れるものを皆さんに届けていき、議論もしていきたいと思います。

Facebook:https://www.facebook.com/shota.mizuno.neo
Twitter:@NeoShota

「名古屋わかもの会議」の創設者として地域に根ざした活動をされていて、中日新聞にも記事を書かれています!

そんな水野さんの選ぶ今年の漢字は?

大穴 
“リオデジャネイロオリンピック・パラリンピックが開催されることもあり、多くの日本人選手が「金」メダルを獲得する可能性があるため。
また、社会保障費、政治資金等、お「金」に絡むことも多数、2016年の社会を賑わすと予想するため。”

次点 
“2016年も「変」革、「変」化のある1年だと考えているため。
主に、夏から取り入れられる18歳選挙権、アメリカ大統領選挙がある。
初めて18歳からも選挙にいける変化や、世界の大国アメリカへの変化など大きな動きが出るのではないかと想定する。
また、マイナンバー制度の導入なども「変」化する1年の要因になると思う。
もちろん、異常気象や大規模災害などの「変」なことが起きない1年であってはほしい。”

本命 
“私は、2016年の未来予想漢字を「選」という言葉で表したい。
なぜなら、18歳選挙権における新たな有権者が増えること、アメリカ大統領選挙など「選」ぶこと対する大きな動きが生まれるからである。
予想する次点の漢字と似てはいるが、より直球的な「選」という言葉を選んでみた。

【編集部のコメント】
異常気象や大規模災害だけでなく、政治や社会一般に何だか「変」なことが起きないことを祈ります。
といっても起きてしまうのは確実なので、seizeeでもそのような小さな違和感をどんどん発信していきましょう!

 

*水野さんより新年のご挨拶*

“皆様。新年、明けましておめでとうございます。
今年は、昨年以上に自分自身が目指している目標に近づけるよう、さらに頑張って参りたいと思います。
また、「SeiZee」でも若者の想いを発信していけるよう頑張っていきたいと思います。
どうぞ、よろしくお願いいたします。”

 

vote-146962_1280

④【政治×若者】木村紅葉さん

~プロフィール~

中央大学経済学部/Vote at Chuo!! 広報

《若者×政治》のきっかけ作りを模索中。リアリズムとロマンチシズムの間を行ったり来たり。世間は、悲観論から期待論まで「若者論」をよく語ります。若者の一人としての自分の言葉が、誰かの心を動かし、考え・行動を変えるきっかけになれば嬉しいです。

Vote at Chuo!!
HP : http://voteatchuo.16mb.com
Facebook : http://www.facebook.com/voteatchuo

中央大学で若者と政治を繋げる活動をされています!

そんな木村さんの選ぶ今年の漢字は?

大穴 
“2016年4月施行予定の「労働基準法改正」や、自民党が参院選後に取り組みたいとしている「憲法改正」。
国民が当事者性を抱くような話題が多そうなので、「改」めて政治を身近に感じるような1年になれば良いと思ったので。”

次点 
18歳選挙権が施行され、選挙権年齢が引き「下」がることになります。関心度が「上」がって、投票率も「上」がるといいなという思いで。ポジティブな意味で色々「上がる」と嬉しいです。

本命 
“2016年はオリンピックの年です。「金メダル」をたくさん獲得できるように、と願いを込めた「金」です。
選ぶにあたり、過去20年分の漢字を調べました。オリンピック開催の年には「金」が入ってくる傾向がありますが、今年はまた新しい感動・記録で上書きされていくといいですね!”

【編集部のコメント】
過去20年分も調べられたんですね。これは有力です笑
やはり木村さん自身のご活動もあって、次点は投票率上昇の「上」。
参院選での18・19歳や20代の投票率がどうなるか。これからの活動にかかっていますね。

*木村さんより新年のご挨拶*

“あけましておめでとうございます。
実家でストーブにあたり、おせちをつつき、数年ぶりにのんびりとお正月過ごしました。(書いているのは年末のため、未来予測でお送りしています)
今回の企画も、1年前の自分もまたそうであったように、たった1年間ですら予想することが難しいです。2016年という1年が、皆さまにとって素敵な驚き・新しい経験・笑顔に溢れる年になりますように。”

以上、四名の政治系ライターさんの選ぶ今年の漢字でした。
4人中3人が18歳選挙権・選挙にふれられるなど、国内外を問わず、やはり政治の面は外せないという印象です。
今年も良質な政治記事をたくさん公開していきたいですね。

次は
教育系ライターver.です。お楽しみに!

seizee編集部 島崎直人

seizee編集部

seizee編集部

投稿者の過去記事

当メディア『SeiZee』の編集部です。
「読んだらちょっと、考えちゃう」をテーマに記事発信しています。

昨年末から、モスク、競馬場などへのインタビューに力を入れています。

ピックアップ記事

  1. 前編では京都大学で活動している「同学会」という団体について、その活動や思いについて触れてきた。…
  2. 新歓のやかましさも過ぎ、新学期の高揚感も過ぎて、学内を歩いて…
  3.  大学の新学期2017年度がはじまり一月ほどが経った。 新入の学部生、まず、おめでとうございます…
PAGE TOP