ドイツの大都市ハンブルグの都市計画:今後20年間で車道撲滅

ドイツのハンブルグ市の都市計画のゴールは市の40%を緑あふれる場所「Gruenes netz」にし、公園や運動場、遊び場やガーデン、墓地などを一つのネットワークとして繋ぎ、車を使わず市内を探索できるようにすることだそうです。

A7-cover-Hamburg7-537x358
Image by Inhabitat.com

実は、この車撲滅作戦はヨーロッパでは比較的ポピュラーな未来都市像でロンドンもラッシュ時の個人用車の侵入を禁じる法律や、デンマークの自転車専用高速道路を都市に張り巡らす計画なども挙げられます。

hamburgo1_639x300
Image by Zero to Bee

例えば大都市ニューヨークなどでは全家庭の56%が車を持たないで生活しています。もちろんこれは公共設備が充実している事だという事もありますが、他にも1908年にフォードが発明したことに起因する100年を超える「車ブーム」なるものが終わりを告げているのかもしれません。

Screenshot-13.11.2013-12_07_16
Image by Karmakonsum

BBCによると、1970年代のオイルショックを境に、今や車を運転するよりも電車に乗ったり飛行機に乗ったりする方が場合によっては2倍もエネルギー効率が良いとしています。かといってすぐに車が撲滅されるというワケではない気がしますが、いずれにしても今と20年後の未来の都市需要が同じであることはありません。

screen_shot_2013-11-29_at_10.38.23_am
Image by The Guardian

ハンブルグが20年後の未来を見据えて建てる都市計画のように、未来の需要に合った都市にリフォームしていく時が来ているのかもしれません。

Source:Hamburg’s answer to climate change

未来を想う、これからを生きる

MIRAIKARA

転載元URL : http://kokokara-group.com/miraikara/?p=1384

 

ピックアップ記事

  1. 4月、出会いの季節。今年も多くの新入生が、大きな期待を胸に大学へ入学した。&nbsp…
  2. トランプや安倍総理の言動や移民問題、ヘイトスピーチに沖縄の基地問題、今では森友学園の話題など、現在の…
  3. 「日本が好きだ。当たり前だ。日本に生まれて、日本で育った。だって僕は日本人なのだから。」…
PAGE TOP